野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

W様邸只今建築中

みなさん。はじめまして。
野地木材入社11年目、
製材部門の課長を務めさせていただいております、中野敦生と申します。

先日、いつも材料を納めさせて頂いている熊野市下岡建築様の
W様邸建築現場へ行ってきました。
今日はその建築中の模様をお伝えいたします。
watanabe 002.jpg

watanabe 003.jpg
watanabe 004.jpg
見てください。この梁!
素敵でしょう?
浮造り仕上げです。
そして、焼杉っぽくする為にいくつかの塗料を混ぜて塗装したそうです。
天井板も浮造り仕上げで同じ塗装をするそうなので、出来上がりが非常に楽しみです。

watanabe 005.jpg

watanabe 006.jpgのサムネール画像
プレカットが主流となりつつある中、手刻みならでわの入り組んだ「地棟」「棟下」「登り太鼓」の小屋組みとなっています。

二段に重なった11Mのタイコ梁を加工している様子を見たい人はここをクリックして下さい。

watanabe 008.jpgのサムネール画像

watanabe 009.jpgのサムネール画像
watanabe 010.jpgのサムネール画像
watanabe 011.jpgのサムネール画像
12M物の棟木に施主様自ら書かれたこの文字
(東白雲山御水棟木西)
昔から杉の通し棟木を使っている大工さんのこだわりで、
意味は火災予防の為に書かれる物です。
この辺りでは昔から、桧の棟木は「火の木」と呼ばれるので、使われません。

watanabe 014.jpgのサムネール画像のサムネール画像

完成後、またブログにUPさせていただきます。
お楽しみに!

中野敦生でした。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 中野課長お疲れ様です♪
    ブログ、ひじょーにオモシロかったデス!!
    東白雲山・・・のあたり、ためになりました。
    お施主様自らが書かれることによって、家に対する思い入れ、
    火災に対する気遣いがより強くなるんでしょうね。
    浮造りの梁、美しいですね…。ホレボレ。。。
    ナンビさんの塗装もこだわりがあってさすがです。
    浮造り好きの私、完成が楽しみですっ!

  2. マーガレット

    建築中の家を見るととてもワクワクします!
    そして、私も東白雲山・・・勉強になりました。
    完成後のUP楽しみにしています。