野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

新しい羽目板製品開発プロジェクト

凹凸のある天井板。
鹿児島の工務店、ベガハウス様と共同開発中の製品です。

ベガハウス様に野地木材を知っていただいたそもそものきっかけは、昨年弊社が開催したオンラインセミナー「3人の建築家が考える 暮らしと木のデザイン」を代表の大迫様に視聴いただいたことからでした。

セミナーではマスタープランの小谷様に、小谷様と野地木材との共同開発製品「小幅板風羽目板」の製作秘話もお話いただき、セミナー後のアンケートで大迫様より「自社でも桧で天井板を製品開発したい」とコメントいただいたのが、製品開発のはじまりです。

zoomでのお打ち合わせを経てデザイン案をいただき、試作品を作り、またお打ち合わせを重ね、ようやく桧の新しい羽目板ができあがりつつあります。

写真は実際にベガハウス様の物件で施工していただいたもの。
1枚の桧の板を部分的に削りだし、凹凸をつけた形状。
どのような空間になるのか…
完成写真が届きましたら、またこちらでもご紹介しますね。

この羽目板は、ぜひ皆様にも使っていただきたく、製品化に向けて動いています。
詳細が決まり次第、またお知らせいたします。
新しい桧のカタチ、どうぞご期待ください。