野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

はじめまして

95777677_649201392602123_5718285549127598080_n

みなさま、はじめまして。

今年の4月に入社しました、青木日向子と申します。

生まれは横浜、育ちは鎌倉で、この3月まで早稲田大学の大学院で建築のデザインを勉強していました。

 

そんな私が熊野に来たそもそものきっかけは、大学3年生の時に専務の特別講義を受けたことでした。

早稲田大学建築学科 「広域環境論」での特別講義の様子(2017.1.13)

早稲田大学建築学科 「広域環境論」での特別講義の様子(2017.1.13)

早稲田大学建築学科 「広域環境論」での特別講義の様子(2017.1.13)

早稲田大学建築学科 「広域環境論」での特別講義の様子(2017.1.13)

 

元々木造建築や林業などに興味があり、学生でも参加できる林業ツアーのようなものを探していたタイミングだったので、この機会を逃すまい!と、ノリと勢いだけで「のじもくツアー」に参加させてもらいました。

のじもくツアーに参加(2017.3.12)

のじもくツアーに参加(2017.3.12)

 

それまでは、森を元気にするためには木を使ったほうが良い、というぐらいのイメージしかなかったのですが、木が山からおりてきて建築になるまでのストーリーも含めてデザインをしていくという考え方を知り、将来は木材や木のデザインに関わっていきたいという思いをより強くしました。

 

大学を卒業した後にどうしていくのか、色々な選択肢はありましたが、元々都会でずっと働いていくことに、漠然とした不安があり(まさかこのような状況になるとは全く考えていませんでしたが…!)、そして何よりも熊野だからこそできる仕事に魅力を感じたので、私は熊野に来て、熊野で働くことを選びました。

まだ熊野に来て約2か月ほどですが、海もあり、山もあり、温泉もあり、美味しい肉も魚も野菜もあり…で、楽しく充実した日々を過ごすことが出来ています。

 

学生時代は、林業や地域の活性化に関する論文に取り組んだり、木材を使ったイベントの内装デザインや古民家の改修のプロジェクトに関わったり、建築デザインの立場から木材や林業について研究をしていましたが、

これからは林業・製材業の立場から、これまでの研究や経験を活かして、木を使ったデザインというものを考えていきたいと思っています。

 

製材も設計もまだまだ勉強中ですが、楽しみながら頑張っていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

青木自己紹介