野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

知らないまま、知られないままに

みなさんこんにちは。

ある朝、僕が歯を磨いていたら、妻殿が僕の後ろから鏡越しに言うのです。

「なんか、あんたが近々私をブログネタに使いそうだから、すごいむかつく。あやまって。」

僕は思わず「すごいれふ」と、歯を磨きながら言ってしまいました。
なんせ、過去に対して怒るならまだしも、まだ起こってもいない未来について怒りをぶつけているわけで、何についての謝罪を求められているのかわかりませんでしたが、とりあえず、うがいしてから「申し訳ございませんでした。」とお詫びした次第です。

すごい方です。

結果、こうしてブログネタになっているのですから。

未来謝罪。

どーもこんにちわ。のぶたかです。

さて、以前より多くのお客様にお越し頂いております、
「熊野・のじもくツアー」。
ありがたいことに、のじもくツアーと弊社の認知度も徐々に増えてきて、
参加者が増えてまいりました。

そもそも、「熊野・のじもくツアー」とは何なんなのでしょうか。
わざわざ遠いところを来てもらい、山奥の中にある、うるさい製材工場を案内されるわけで。
熊野まで来て、何を得られるというのでしょうか。

u1.JPG
u2.JPG

U様ご家族

new-s2.jpgnew-s1.jpg

S様ご家族

僕はいつも来て頂いたお客様に、始めにその理由を説明します。

「知らない事を知るという事は、新しい視点を得ることです。新たな視点から物事を見ることができるようになると、価値がわかるようになり、選択肢が増え、変わり、より高い満足を得られることに繋がります。」と。

家を建てる上で、木材について「どうする」とか、「こだわり」を持つ方は、一体どのくらいいるでしょうか。
恐らく91.243%以上の方は、自分の家に使われる木材のことは、何も意識していないのが現状だと思います。
家を建てる上で意識することは、価格や立地、デザイン、設備、間取り、性能、などが最優先検討事項であると思います。そこに木材は入りません。

なぜでしょう?

いろいろ理由はありますが、大きな理由の一つに「木材について知らないから」であると思います。
世の中のほとんどの人が、木材について詳しく知りません。当たり前です。
木材についての情報発信、情報量が、他に比べて著しく少ないですから。
したがって、多くの方々は木材について何も知らないまま、家を建てているということになります。

言い換えれば、知らない人に、僕らの木材を選んでもらえるわけがない。
国産材、熊野材、野地木材が選ばれないのではなくて、選択するステージまで上がっていないまま
勝負が決まっているのです。

要するに、不戦敗。

戦って玉砕するならまだしも、戦わずして砕けているのです。

だから僕は、多くの方に知って欲しいのです。
木材の役割、良いところ、悪い所、歴史、こだわり、関わる人々、見どころ等々、とにかく知ってもらって、その上で家を建てる時に「選択・検討」する項目に加えて欲しいのです。

new-i1.jpg
new-i2.jpg

I様ご家族

new-g1.jpg
new-g2.jpg

G様ご家族

最近の生活では、情報発信者主導のもと、スピードが重視されあまり頭で考えないまま、イメージや直感でモノを購入することが増えていると思います。
ネットで価格を調べて、知らない誰かの口コミを信じて、自分の体験などないままに買ってしまう、買わざるを得ない状況が増えています。

それを完全否定するわけではありませんが、家を買うという、人生においての最重要購入物をチョイスする際には、注意するべきだと思います。

ちょっと時間的には遠回りしてしまうかもしれませんが、住まいを建てる際は出来るだけ見て、知って、比較して、考えて決めて欲しいと思います。家族が何十年と暮らし続ける空間なのですから、そこには時間と労力をかけて欲しいと思います。

知らないまま、真似ごと、ニセモノを掴んでしまうのは、家族にとって哀しすぎますから。。。

そして、知られないまま木材のすばらしさが、この世から消えてしまうのは、、、、

そうはさせませんっっ!!!!

ですからっ、熊野・ノジモクツアー、是非っ一度体験してくださ~い☆