野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

これが熊野の生きる道!!

みなさんお久しぶりでございます。

ブログの事をすっかり忘れておりました。
前回の更新より一ヶ月以上経ち、危うく7月が終わってしまうところでした。

ここしばらく、ずっともやもやとひっかかるものがあって、
そちらに気を取られていたようです。
今日はなんと、僕と妻殿との結婚記念日と言うことで、
ブログの事を思い出すことができました。
何故だかはわかりません。

決して家に帰りたくないわけでは、ございません。

こんばんは。のぶたかです。

さて、熊野の林業をもっと元気いっぱいにするぞ!ということで、1年ほど前に
熊野材輸出推進協議会を立ち上げました。
というブログは以前書きましたね。

「ブログ:熊野材輸出推進協議会」

今回、協議会が主催で、熊野の林業が元気いっぱいになるために
コンサルをお呼びして、日本全国各地域の事例や、FSCへの取り組みに
ついてお話しをして頂き、素材、原木市場、製材、行政が感じたこと、
思ったことについて議論を交わそう!ということを企画致しました。

今回講演して頂いたのは、㈱古川ちいきの総合研究所 代表 古川大輔氏。
題して「これが熊野の生きる道!?」ということでお話し頂きました。

new-DSCN9380.jpg

古川氏とは3年ほど前に出会い、古川氏の勉強会に参加させてもらったのがご縁。
僕と歳も近く、なんでも気軽に話しができる雰囲気がいいなーと、お付き合いさせて
頂いており、今回講演をお願いすることになった次第です。

講演内容は熱く情熱的、かつ、ロジカルな視点で異業種を分析し、それを林業に
はめ込んだら、こんな感じかねー!?というおもしろさもほりこんでるという
ハイセンスな内容に、一同はほどよい興奮状態で聞かせて頂きました。

僕なりに感じたことは、これからの戦略には、消費者を見据えてていかなければ
ならないのはもちろん、山から製材、そして設計士、工務店、それと地域、行政までもが
同じゴール(誰に買ってもらうのか)を見ていかなければ、高い価値の商品はできやしないっっっっ!!!ということ。
そして、競合に勝つためには「バランス感覚」と、「どこよりも早い行動力」、それと「覚悟」が
チーム全体に必要になると感じました。
言葉にするのは簡単ですが、形にすることはかなり難しいと思います。

ただ、形にすることは難しいでしょうが、不可能か?と考えると不可能なことは決してなく、
もしあるべき姿に到達したら?と考えた場合、かなり競争力の高いポジションに
着けると簡単に想像できてしまいます。
だったら、やるしかない。ですよね。

日本各地で元気のある地域を見たときに、かならずそこにキーマンになる人がいます。
熊野の場合は、もしかして僕なのかも?と考えるように最近少しずつ思ってきました。
もちろん、僕がキーマンである必要があるわけではありません。
メンバー皆が「オレ、引っ張らなきゃ」と思うことが、熊野林業のあるべき姿であり、
そうなるように、僕は誰よりもがんばりたいなと思いました。

講演のあとは、懇親会。
ある意味、こちらの方が活発な意見交換ができたりしてしまいます。

「お疲れさーーん!」の乾杯の後、しばらく飲んでいたら
なんと、僕らの隣で、鈴木三重県知事、河上市長、大久保三重県議らが
宴を開いていたようで、それをうちの社長が見つけて
「おいっ!一緒に飲もらーーー!!!」と。
当然なるわね(-_-)

new-写真(10)new.jpg

社長のこの顔。。。
隣の知事もタジタジです。。。

麻貴さんもちゃっかり知事と記念撮影。
知事の隣には林業会では有名な岩井さん。
new写真(41)new.JPG

いやー、すばらしい講演と、活発なディスカッション、
そして最後に訪れたミラクル!!
なんか、いい感じ!!
いい感じの流れで来てますっっっ!!!

よーーーし!今度は実行だーー!!
あふれ出てきたアイデアを実行する番でございます!!!
一人でも多くの方に、すばらしい熊野を感じてもらうべくがんばりますよー!!!
知事や県議、市長にもこんだけ大騒ぎしてアピールしとけば、頭のどっかに残っている
はずだと思いますので、いろんな所で協力して日本全国に発信していければと思います。

new-DSCN9401.jpg

も~ぎ~たての~ 丸太の~ いい~ところ~♪
そういうと~こ~ろ~引き出~せば♪
これ~か~ら先も~ いい感じ♪

古川さん、

悪いわね~♪ 

ありがとね~♪

これからも~♪

よろしくね~♪♪