野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

カレーカラー

みなさんこんにちは。

来月(7月)で息子のハルミチも2歳を向かえることになり、

順調にすくすくと育って参りました。

身体がどんどん大きくなるのはもちろん、精神的にも赤ちゃんから子供へと

成長しつつあるのがわかります。

僕が妻殿とケンカをしたときも、完全に僕の不利な立場、下の扱いという空気を

ハルミチは理解し、ケンカ終了後、うなだれた僕にやたらとベタベタくっついてきます。

多分、彼なりの慰めなのでしょう。

救われております。

そのあとハルミチは、ちゃっかり妻殿のゴキゲンをとることも忘れません。

「おたくのだんな、うなだれてたので、励ましてやりましたよ。

やっぱ、麻貴さんの野地家でっせ。姉さん最高でっせ。」

みたいな事を言ってる顔してます。

したたかなやつです。

ども。のぶたかです。

一昨日の日曜日、久々に家族三人でランチに行こう!ということで、

「天女座」に行ってきました。

天女座のオーナーは、有名なミュージシャンでして、熊野という土地が大好きになり

10数年前、都会から熊野に引っ越されて来ました。

普段は全国をまわっているので熊野にはいることが少なく、天女座カフェは土日しか

やっていないようです。

天女座のすてきなところは、まず、なんと言っても、

熊野灘を一望できる最高な立地です。
new-写真(7)qqq.jpg

窓から見える最高の景色に、地元の僕ですら

「ええとこや~。熊野ええとこやわ~。」と思ってしまうほど。

ハルミチも「うみ!うみ!」とテンションMAXではしゃぎまわります。

new-写真(4)qqq.jpg

だいたいですね、子供のテンションが上がる自然物というのは、

何かのエネルギーを持っていると思っていいと思います。

やはり、無垢の心に入り込んで刺激する何かがあるのでしょうね。

今日のランチで食べたのは「薬膳カレー」。

しばらくカレーから遠ざかっていた僕には、久しぶりのカレーということで、

実のところ海よりもむしろ、カレーです。

カレーとは男も女も、老人も子供も、人類みんながおいしく食べられる料理。

それは奇跡であり、無敵であり、もはや神であります。

そんな神の薬膳カレーに、野地ファミリーは”にんまり”するに決まっていたのです。

new-写真(6)qqq.jpg

今日の日のために、ハルミチのTシャツもカレーカラー。イエロー。

海と山に囲まれて、おいしいカレーを堪能。

そして素敵な音楽も重なって、

まさに日曜日のお昼にはぴったりでした。

またいこーっと☆

天女座


大きな地図で見る