野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

経験が力となる。

皆さんこんにちは。

こないだ妻殿を久々に食事に誘いまして、
と言うのも、3日間の出張で家をあけることになるので
ちょっとご飯食べにいって、ゴキゲンをとっておかないとなとな、と思ったのです。

妻殿に「ねー今日、ハルミチおかんに預けて、二人でご飯いかない?」と誘うと、
妻殿は僕の方を向いて、

「急にあんたどうしたの?あたしがあんたと離婚したがってるって察したでしょ?」
とは言うものの、 妻殿の顔は明らかにニタニタ笑ってました。

間違いなく喜んでいる態ではございましたが、素直に言葉に表さない所が
僕の妻っぽいなと、改めて感心した次第です。

ども。のぶたかです。

その3日間の出張というのは、
私の所属している木材の業界団体である
「日本木材青壮年団体連合会」という組織の全国大会が
今年は三重県の津で開催されるということで、三重県のメンバーは
1年かけて、この日の為に準備を進めてきました。
new-294985_336382703097724_739073187_n.jpg

みんな仕事で忙しい中、時間を割いてこの日の為にがんばって
準備を進めてきました。

その中で、私はなんと、大会式典とシンポジウムの司会という大役を
仰せつかることになり、僕のような小僧が、全国から数百人集まり
さらに、ご来賓の方も日本国のとても偉いポジションの方々が集まるような
場の司会者でいいのかと、だいぶビビリこんでしまいました。

会場も、えらいでかい会場です。
new-写真(2).jpg

しかし、仲間の皆や、先輩方も、僕以上に大変な仕事、役割をこなしている中、
僕だけがお断りするわけにはいかないと思い、なんとかやってみようと臨みました。

552984_336382909764370_100001779912095_838364_671940390_n.jpg

結果は、いろいろなハプニングもありましたが、なんとかかんとか、やり抜けられました。
ある程度の事は適当に切り抜けられると思ってはいたのですが、
いかんせん、非常にちゃんとしないといけない場でありましたので、言葉遣いを間違えたり
ご来賓のお名前を間違えたりすると、大変なことになってしまうので、その辺りが、
僕をガチガチに緊張させました。

本番前は、水を飲んでも飲んでも全然ノドが潤わない。
まるでノドが砂漠のようになってしまった感がありました。

しかし、私ともう一人一緒に司会した、プロの女性司会者の方が、だいぶ
フォローしてくれたおかげで、大事故に至らなくてすみました。
ひーーあぶねーあぶねー (;゚∀゚)
new-写真-55552.jpg

結果、無事に済んでよかったです。

そして、とても僕にとって、いい経験になりました。
こんな、とても偉い方の前で、そして大勢の方々の前に立って進行をするなんてことは
めったとない機会です。とても度胸がついたと思いましたし、
また、プロの司会者の場を仕切るというか、空気感を壊さない術を学ぶことができました。

司会を引き受ける前は、絶対に嫌だーーとしか思っていなかった。
で、もし、この司会の件をやらないでいたならば、今回の経験を積む事ができなかった。
これは、今となっては非常に大きな差になったはずであると思います。

やはり人は成長するためには、挑戦し、そして経験しなければ成長できないなと、
そう強く思いました。
そういった意味で、木青連という団体での活動は、実質的なメリットがどーだこーだ
いろいろと言われたりしますが、「経験」、「人との繋がり」という、会社経営していく上で
非常に重要な部分が、得られる場であると、強く感謝した次第です。

今回、いろんな方と関わりを持て、すばらしいイベントに仕上がり、成功に終わった事に
とても満足しております。本当にありがとうございました。

帰宅後、

玄関を開けると、玄関でハルミチが僕を待ってくれてました。

写真(3).JPG

3日間会えなかったので、「もう待ちわびたよっっ!!」という顔をして

僕を迎えてくれました。

しかし、僕は極度の緊張から解放された疲れが、家に着いた瞬間に

どっと押し寄せてきて、玄関に倒れ込んでしまいした。。。

写真(45455).JPG

躊躇なく、僕の頭を踏みつけるハルミチ。。。

それをキャッキャ笑いながら写真に撮る妻殿。。。。

やっぱり、家が落ち着くよ。