野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

見るんじゃない。読むんだ!

皆さんこんにちは。

ブログ毎日更新実験宣言して、早5回目。
すでに更新は途絶えてしまいました。
早々の離脱に、自分でも驚いています。
なぜ続けられなかったのか。
いろいろと自分でも原因を考えました。

答えは

「ブログは毎日更新しない方が良い」

という結論に至ったためであり、そこに行くまでの
いろんなプロセスや、検討事項もあったのですが、
とりあえず僕の場合は、ブログは毎日更新する方が
「ブログが良くなくなってしまう」とういことが判ったので、早々にヤメマシタ。

10個ぐらいの理由があるのですが、その中のひとつの理由を説明させて
頂くとするならば、毎日ブログに費やす時間と労力に対し、とある妻殿から
「まずもっと私に費やせ」的なクレームが入りまして、それらの対策をどうするか
検討した結果、毎日更新をやめざるを得ないという流れになったというのが
最近の学会の主な風潮です。

こんにちは。のぶたかです。

さて、皆さん、ご存知の方もいるかもしれませんが、まず下の画像を
クリックして拡大してから文章を読んでみてください。
o0800112111738727368.jpg

読めましたか?

すごいですよね。この文章。

僕はこの文章を読み終えたとき、震えるほど感動してしまいました。

すごい。すごすぎると。

人間。まさに人間を表している研究結果です。
この凄まじい文章から、

「人間とは真実を把握する課程で
ある程度自分で予測し、作り替えてしまうものなのだ」

ということがわかります。
しかも面白いのが、最初の文字と、最後の文字が合っていないと
読むことができないという点です。

この事から、人間は文章を「読む」のではなく、「見る」という要素が
大いに関係しているということがわかります。
半分は、だいたいでいこうというのが人間なんですね。

初対面の人と会ったときもそうです。

初対面の人の顔を見て、身なりを見て、肩書きを知って、概ねの人格像を
自分の中で作ってしまいます。作ってから、仲良くなる課程で修正をして
その人物を真実のものと、自分の作り上げたイメージのものとを近づけて行きます。
で、そういう経験を積めば積むほど、最初の自分の作り上げたイメージと、実際のギャップを
減らすことが可能になってきます。
それがいわゆる「経験」ですよね。
経験が、最初のイメージ作りの精度を上げていくわけなんですよね。

でも今度は、長くたくさんの経験を積んで、精度を上げた結果、それに慣れてしまい
現実よりもイメージの方が勝ってしまって、現実を受け入れないまま進もうとしてしまう。
それも人間なんです。

今回の文章は、この経験を積んだ我々が陥った過ちなんですね。
人間の過ちの部分を見事にわかりやすく伝えている文章です。

人間は生きていく上で、予測や予想がないと、行き当たりばったりで
大変な目に遭うことがたくさんあると思います。
しかし、一方で予測、予想を過信してしまうと、真実を見過ごしてしまうという
負の部分もあるんですね。

今回知ったこの文章は、そういう人間の「自分を過信する精神」について
改まりなさいよという、深く重いメッセージなんだということを真摯に受け止めて、
また、大事なことを、こういう形でおもしろおかしく伝える術が、まだまだあるのだという
ウキウキする希望もすごく溢れてきたので、是非ともいろんな方に伝えようと思い
今回、ブログに上げさせてもらいました。

人間の真理をつく研究を、こういったおちゃめな形で表現していることに対して
僕は嫉妬を感じつつ、僕もやってやるぞーーーという情熱が込み上げてきました。

よーーし!燃えてきたぁぁぁぁっっっっーーー!!!!

ぼくも もっと いっしょけうめんい がばんって もざくい の しごと に

おしもろさ を じんゃじゃん もこんりで いくぞーーーーい!!!