野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

熊野弁の男

みなさんこんにちは。

ここ最近シャワーを浴びてて、シャンプーで頭を洗ったのかどうか
わからなくなってしまい、とりあえずもう一回洗っとこうかと思って洗うが、
やっぱさっき洗ったはずやぞ?とか考えるが、でもどこか髪の毛に
「キュッとした感が足りない気がする」から洗ってないような気もしてきたとか
考えてとてもイライラして、とりあえずシャンプーするんですが、
実はそれはボディーソープであったことが判明して、髪の毛がギュンギュンの
えらいことになってしまい、なんだかなさけなくなってしまいます。

のぶたかです。

シャンプー抜け毛.jpg

忙しいからです。

シャンプーの件も、ブログの更新が滞っている件も、
散髪に行けてない件も、最近本ばかり読んでる件も、
カジノで何百億円がどうなったなんてどうでもいい件も、
狂ったように大声で歌いたい衝動の件も、

僕はその理由をなすりつけているのです。それに。

とにかくイソガシイ。

会社にとっては非常に喜ばしいことであり、
台風被災後、どうなるんかしら?と心配してたことすらも
忘れてしまうほど工場はフル回転しております。

ここ数ヶ月の間に野地木材を取り巻く環境の変化はえらく凄まじい。
台風で工場が稼働できなくなったり
道路が崩れてトラックが通れなくなったり、
機械が動き出したとたんに、オーダーが殺到したりと、
へこんだり喜んだりのアップダウンが激しいっす。

そんな急激な変化に対応するべく、今まで作ったしくみを大きく考え直したり、
それを現場に落とし込むために、社員みんなと激論を交わしたり、
協力業者さんたちにお願いしたりと、僕も社長も弟も社員も妻殿も、
シャンプーしたかしなかったすらわからなくなるほどに、全力疾走中です。

そんな中、ある一つのとんでもなく大きな問題にぶち当たりました。

工場は稼働再開した。

受注はたっぷり頂いた。

が、

原木が出てこない。。。。。

なんと、台風被害の影響で林道はズタズタになり、
山から原木が出せない状況が続いており、市場に原木が
出てこなくなってしまいました。

やばい。

こりゃやばい。

工場動いたって、注文たくさんあったって、原料がないと話しにならない。

どうする?

どうするどうする??

ねー、社長どうすんのーーー???

社長はソファーに座ったまま、まるで仏様が座禅をくんだようなポーズで

目を瞑りしばらく考え込んでいた。

P9140173.JPG

それから20分が経ち・・・

30分が経ち・・・

40分が経ち・・・

12時のお昼のチャイムが鳴ったと同時に

社長がポツリと一言。

1new-P9140173.jpg

「伐るしかないにゃ。」

熊野弁(-_-)

文字にするとなんだかかわいい感じになるが、
しゃがれた低い声でつぶやいたのが僕には聞こえた。

ついにこの時が来たかと、社長は何か決意を固めたかのように、

「おい、のぶたか、山伐るぞ。」

と。

野地木材には自社所有の山林を持っており、
木を切り出すことはここしばらくなかったのですが、
今回は、お客様の御注文に対して原木が足らない、
さらに「ノジモク山」の林道は生きてるというラッキーなこともあり、
超特急で「ノジモク山」の木を伐り出すことになりました。

早速翌日、社長はノジモク山へ。
「あそこのあれ伐ったろか」とかぶつぶつ言いながら歩く。

new-P1050793.jpg

すぐさまユンボを入れて少し崩れた林道を治したり、

new-P1050798.jpg

カモシカが気になったり、

new-P1050804.jpg

そんなこんなで、無事に原木調達の目処がたち、お客様とお約束した
納期通り、順調に生産ラインは流れております。

先日の台風もそうですが、何が起こるかわからない昨今、
出来る限りのリスクヘッジというのは、本当に大切であると、
そしてリスクに備える準備ができるのは、日々の日常で
普通に過ごしている時にしかできないということを身を持って知りました。

とにかくお客様とお約束した納期、品質は必ず守る!!
そしてさらにそのレベルを日々高める!!

そういう決意を持って社員一同奮闘しておりますので、
御注文をしてくださる皆様は、どうぞご安心してじゃんじゃん
オーダーしてくださーーーい☆☆☆

それにしても社長(親父)、ゴルフばっかしてると思ってたけど
やるときゃやるねぇ。

遊びつつもリスクについては毎日考えて行動してたってことか。

僕、反省。。。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 社長かっこ良すぎっす!さすがっす!!!