野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

わが家のウッドデッキ

P6269448.JPG

先日、お家にウッドデッキを取り付けました。
休日は布団を干すのに使っていますが。。。。。
お天気の良い日は、やっぱり!!
ハル坊の遊び場となっています(^U^)

そんな我が家のウッドデッキは、雨にも強い、
杉の赤身のウッドロングエコ仕上げ!!

なぜ、雨に強いかというと。。。。。

野地木材が使っている杉・桧は、熊野を中心とした
紀伊半島南部で産出されたもの。

この地域は日本一の降水地帯で、
年間約4000mmの雨が降ります!!

(台風のときは、熊野の隣の尾鷲市が、
必ずと言っていいほどテレビ中継されてます。。)

そういった厳し~い気候に耐えて育った木なので、
雨にも負けない丈夫で強ーーーい木が育つのです。

さらに!!
野地木材のデッキ材は、そんな丈夫な杉材の、
「赤身」の部分だけを使ったものをオススメしています。

blog_photo_140.jpg
↑周りの白い部分が白太、赤い部分が赤身です。

赤身は、腐る原因である腐朽菌の影響を受けにくい為、腐りにくく、
またシロアリの嫌いな成分が入っているので被害にあいにくいのです。

この特性を活かし、昔から土台を桧の赤身でつくったり、
外壁を杉の赤身でつくったりしています。

さらに、、、

通常、外部塗料を塗ったウッドデッキは2、3年で塗り直しが必要と
なってしまいますが。。。

野地木材が取り扱っている「小川耕太郎∞百合子社」さんの
「ウッドロングエコ」 という保護塗料を塗れば、
塗り直しのメンテナンスも不要。
木そのものの風合いが維持できます。

P6269446.JPG

この、ブラウングレーの色も落ち着いた感じで良いですよね☆
もちろん、この色も劣化することなく、ずっと続きます。

天然物由来原料の塗料なので、赤ちゃんにも とっても優しい、
ママも安心のデッキなのです(*’v’*)

杉だから柔らかいので、転んでもそこまで痛くないですし☆

素足で出られるのが魅力のウッドデッキ。
夕方、ハル坊とデッキの上で心地良い風に当たりながら涼むのも
とても楽しいひと時です☆

P6269444.JPG

ハル坊、木の節が気になるのか・・・。
節を見つけてはホジホジしています!!

どんどんホジホジさせて、木に興味を持ってもらおうと思います。

これが我が家流、英才教育!?!?(笑)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ウッドデッキ!! 素敵なテラス〜♪
    そこでコーヒーを飲んでみたいわ。
    格段おいしいだろね〜。
    はるみち君大きくなったね。
    たくましい!

  2. shimi様。
    デッキの上で優雅にコーヒー♪
    というわけにはいきませんが・・・
    よくハルミチとおやつ食べてます(笑)
    ボロボロこぼれる赤ちゃんせんべいは
    デッキの上で食べるのが一番♪♪
    ハルミチどんどん育ってますよん!!