野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

熊野体感ツアー下見

ただいま、営業会議で「熊野体感ツアー」を企画しております。
より多くの方に熊野に来て、興味を持って欲しい、熊野のいいところを
体感して欲しい、そして木や野地木材に興味が持ってもらえれば・・・という
思いを込めて、体感ツアー企画中です。
熊野に引っ越して半年の私にとっても、熊野をより深く知れるいい機会と
思い、気合いが入っています。

そこで4月26日に、麻貴さんと一緒に熊野体感ツアーをご提案するにあたっての
下見をしてきました。
熊野といえば、皆さん思い浮かぶのがまず、「熊野古道」だと思います。
その中でも一番身近にある「松本峠」に上ってきました。さてどれだけの
時間がかかるのでしょう。Let`s go 古道ガール♪

1.jpg

杉や竹林の中、趣のある石畳を一歩ずつかみしめながら、歩いていきます。
思っていたよりも息が上がって、体力不足を実感・・・。
仕事だということを忘れ、森林浴と写真撮影に没頭。
雑踏の音が消され、うぐいすの鳴き声が響く・・・癒されましたconfident
30分ほど歩くと、空の開けたお地蔵さんのあるところに到着。
2.jpg

きっと、昔の松本峠を歩いた人たちも、お地蔵様を目の前にほっと一息つき、旅の
無事を願ったことでしょう。
太陽の光がここだけ差していて、なんだか後光のようなありがたい光に感じました。
さぁ、ここから東屋目指して、もうひとがんばりrun
P4260283.jpg

↑東屋からの景色です。ちょっと曇っていたのが残念ですが、七里御浜が一望できます。
上った人へのご褒美のような景色です。
ぜひ実際に見てもらいたいですshine
P4260291.jpg
東屋からは、鬼ヶ城の方に向かっていきました。
海を見ながら、桜の木がたくさん植えてあるスポットを歩いていきました。
もうちょっと前だったら、きっと桜満開だったのだろうなと、散ったピンクのじゅうたんで
思いを巡らせてました。来年の桜の時期、ココに来ようcherryblossomと、楽しみが増えました。
鬼ヶ城の駐車場に下りるまで1時間くらいでした。
「これなら熊野体験ツアーに組み込めるかも!いいかも!」と麻貴さんとテンションUP!
でも、下りて平地に立ったときには、ヒザがギャクかと思うくらい笑ってましたcoldsweats02
準備体操をしよう、うん。

さて、松本峠を満喫した後は、国道沿いの浜に行きました。
タイムスケジュール的に、ちょうどお昼ドキ。
この浜は、砂ではなくて、丸い石でできています。
目の前の海を見ながらお弁当を食べたら、気持ちいいだろうな~riceball
特にこれからの季節、海風が心地よい!小さなお子さんとかは、きっと
走り回りたくなるだろうな。私もなるくらいだし♪
ここで、お弁当、いいかもflair
P4260294.jpg

〈おまけ〉
熊野古道の旅路で、春を見つけましたbud
3.jpg
熊野の自然は、身近であっても、その場に立つと偉大さを実感しました。
熊野の歴史も含めて、もっと知り、お伝えできるようなツアーをさらに考えていきたいと
思います。