野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

ノブタカンドリーム

皆さんアニョハセヨ。

ご機嫌いかがでしょうか。

ノブタカハムニダです。

外国から帰国しました。

しかし、残念ながらコヒューガさんとは、入れ違いだったらしく

僕が外国に行くのと時同じくして帰国したとかしないだとか。

どうでもいいですね。

さて、大韓民国ですがね、刺激的でした。

大韓民国という国自体も、今回の訪問の目的である住宅フェアーも

どちらも刺激的で。

というのも、始めて熊野の木というのを、世界からの視点で見ることができましたから。

今回僕の中で、超パラダイムシフトが起きました。

new-P2228206.jpg

今まで僕は、べたべたの日本列島視点でしたからね。

たかだか列島視点だったわけです。僕は。

良い商品とは。

良い商品を良く見せる見せ方とは。

良く見せた商品を、どう売るのか。

狭い狭い島国の視点でしか、モノゴトを見ていなかったことに気づきました。

例えば、

newP2248249.jpg

あるフローリングメーカーが、こんなドッグがフローリングをくわえている

イメージを使っていました。

すごいね。

意味がわからんもん。組み合わせの。

ドッグとフロアー。

わけわからん。

でも、あり得ているわけです。事実ね。

それとかこれも、

new-P2238232.jpg

多分これ、ハンバーガーの広告でしょうね。

このテーハミングジョーク。センス。

ポーズと表情の組み合わせの意味がわからん。

まったく笑えんし、理解できましぇん。

やっぱわからん。

でも、でもね、これアリなんです。あっちでは。

ようするに、僕が感じたことというのは、

世の中、

「アリなことなんて、決してあり得なくて、ナイことなんて、ないのだ。」ということ。

「場所や時間が変われば、何もかもが変わってしまうことがあるのだ。」ということ。

ということは、

無限。

すなわち

宇宙。

僕は大韓民国へ行って、表現や価値観、

ビジネスやハピネスに無限の可能性を感じ、

そして、

世界には宇宙ほどの無限な広がりが待っているということに、

とてもとても

ビリビリに痺れた。

我が社のコーポレートメッセージ、

~熊野の森から、やさしさをあなたへ~

「あなたへ」とは

世界中にいるたくさんの「あなたへ」というビジョンに

本日バージョンアップされました。

僕ぁ行くよ。

近い将来、世界に。