オンラインカジノ

しかし、インターネット上で最高のオンラインカジノをどのように選択しますか? 高額の預金をすることを恐れないカジノを選択するにはどうすればよいですかhttps://xn--lck0ae6f0c4g.xn--tckwe/。 そして、賞金は可能な限り最短の時間で引き落とされます。 同時に、外出先で愚かなルールを作成することなくhttps://xn--eckarf0b8a9dwb8czb0r8dbc.com/

野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

調子にノルな。ノルならするな。

みなさんこんにちは。

出張が続いており、会社と家を空ける日が多いです。
会社はここ最近、社員たちがぐんぐん成長してくれているおかげで心配ありません。
僕がいなくてもパフォーマンスなんて下がりません。

心配なのは、出張から帰ってきて、家に妻と息子が居てくれてるのかどうかです。
愛想尽かして、出て行ってるんではないか。
普段からのラブコミュニケーションをしっかりとしておかないと危険でなりません。
皆さんは大丈夫ですか?
ラブコミュニケーション。

のぶたかです。

さて、先日は二泊三日で三重県の県庁所在地、津に出張でした。

津でお昼を食べようと一人でウロウロしていたら、僕の大好きなラーメン屋が
新しく津に支店を出しているのを発見!
テンションが上がり、即効そのお店に行くことにしました。

すると店内はお昼時と言うこともあり、お客さんはいっぱい。
外に行列ができるかできないかみたいな。
「さすがだねぇ」と思いながら、空いている席に座りました。

そのまま5分。

店員たちは大入りの客にてんぱっているのか、僕は放置されたまま。

イラッとする感情を抑え、レジ付近まで歩き、「オーダーお願いします」と
声をかけ、いつもそのラーメン屋で注文している餃子と特製ラーメンを注文しました。

その2分後。

餃子のタレを持ってきてくれました。

ほうほう。餃子楽しみだ♪
もうお腹もペコペコですよぉと、先程のイラッとした感情も忘れていました。

その10分後。

特製ラーメンが出てきました。

え?

餃子じゃないのかい?

普通餃子からじゃないのかい?

っつーか、さっき先に餃子のタレを持ってきたじゃないか!?

と、またイラッときました。

ま、すぐに餃子は出てくるだろうと気をとりなおし、
出てきたラーメンを食べながら、餃子を待つことにしました。
相変わらずラーメンはうまい。

その5分後。

僕はラーメンを完食。

餃子はこない。

その30秒後。

僕は殺意に近い怒りが込み上げてきました。

もういいっ!と怒り心頭で、レジに会計をしに席を立ちました。
すると、店員が手際よく
「ありがとうございました~」と僕の席のラーメンを片付け始めました。

そこは手際いいんかいっっっ!!!!!!!

とまたぶち切れて、

金をレジの上に置いて帰ろうとしたら、別の店員が
「いま、餃子を出そうと思ったんですが」と僕にぬかしやがった。

コ・ロ・セ

と僕の中の何かがはじけ飛んだ。

ゴルゴ13並の殺気を纏い、僕はおとなしく元の席に戻った。

当然、水や箸はさっきのアホ店員が片付けてしまっている。

それすらに対しても僕は何も言わず、餃子が出てくるのを待った。

その2分後

餃子が出てきた。

餃子には一切手を付けず、

僕は新しい割り箸を取り出し、その箸を割ると

出てきた餃子の上に「×」ばってん状に置き,

「これが俺からのダイイングメッセージだ」

小さくつぶやいて、僕はその店を出た。

怒髪天を衝く勢いで店を出た10分後、

僕はココロを落ち着かすためにスターバックスに行き、

ドライブスルーでコーヒーを頼んだ。

うまいコーヒーで平静を取り戻さねばと考えたからだ。

スターバックスでコーヒーをひとつ注文し、

車の中から受け取ろうとした。

すると店員が僕の車内のカップホルダーに、空き缶が置いてあることに気づいて

コーヒーを手渡しすると同時に、

「よろしければ空き缶をお捨て致しましょうか」と一言。

すばらしいっっっっ。

さっきのアホなラーメン屋とはえらい違いだ。

どえらい違いだ。

と。

そこで僕は考えた。

この差はなんだと。

なんなんだと。

経営者だ。

経営者及び、マネージャーの差だ。

さっきのラーメン屋の店員の振る舞いは確かにアホだが、

そうさせているのはアホな経営者だ。

どアホな経営者のおかげで、僕はすごく不愉快になり、結果そこで働く従業員たちも
非常に不愉快な気分になったはずだ。
僕のダイニングメッセージのせいで。
そう思うと、あの店員たちは非常に気の毒である。
僕はもう二度とあのラーメン屋には行かない。本店へも行かない。

何を求めてラーメン屋にお客がくるか。

味か。
値段か。
サービスか。
雰囲気か。

全部なんだ。

全部なんだよ。ちきしょーめ。

経営者がちょっとスケベ根性だして金儲けに走ったが故に、
サービスを軽視したが故に、社員教育が進まず
結果、お客を裏切り、会社のファンを減らすことに。

と言うことに気づいた瞬間、

「僕はどうなのだろう?その辺、ちゃんとしてんのか?」

「野地木材はどうなんだ?」

と気づき、とても恐ろしくなった。

見るべき本質を見誤ると、お客様も社員も会社も僕も

みんなが不幸になってしまうんだということを

ラーメン屋とスターバックスコーヒーに気づかせてもらった。

ありがとう。

僕ももう一度見直して、改めるべきところがあれば改めなければと

ココロに強く誓った次第です。

でももうあのラーメン屋には行かない。

大好きなラーメン屋をひとつ失ったと言うことは、非常につらい。

f0106509_282889.jpg

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ×ダイニング
    ○ダイイング

  2. >通りすがり さん
    いやん(>_<)