オンラインカジノ

しかし、インターネット上で最高のオンラインカジノをどのように選択しますか? 高額の預金をすることを恐れないカジノを選択するにはどうすればよいですかhttps://xn--lck0ae6f0c4g.xn--tckwe/。 そして、賞金は可能な限り最短の時間で引き落とされます。 同時に、外出先で愚かなルールを作成することなくhttps://xn--eckarf0b8a9dwb8czb0r8dbc.com/

野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

国産材高騰

先日、日経新聞に「国産材高騰」の記事が載っていました。
どうも政府の公共事業での国産材使用、補助金政策によって
日本の大手住宅メーカーや、中小工務店が外材から国産材への
シフトが進んでいるからとのことと書いていました。

要するに、国産材需要が高まったから、木材の取り合いが始まり
価格が上向き始めたということです。
そんな需要が伸びている中、日本列島を襲う「寒さ」。雪です。
近年まれに見る大雪のせいで、山から原木が出てこないという現象が
起こっています。需要が伸び、供給が下がる。したがって木材高騰。

1月20日、熊野原木市場の初市でした。
結構原木は出ていましたね。
熊野は雪がほとんど降らない。
だから年中山に入れるということで、一年中原木が出てきます。

そんな熊野原木市場の今回の初市には、
普段見たことのない同業者の人たちがたくさん
集まっていました。めちゃ多かったっす。
遠くは富山県からも仕入れに来ている方もいたようで。
そんな中、競りが始まるともう、えらい熱気です。原木価格がどんどん跳ね上がります。

怖い。

僕が仕入れを担当してから、こんなに原木が上がっていく競りは始めてです。
なんか鬼気迫る感じ。

確かにいま、野地木材はかなり忙しい。
お得意様のお仕事が順調だということもあるし、
普段あまり問い合わせの来ないようなお客様からの引き合いが多かったり、
新しいお客様が増えたりと。

この現状に対し僕は
「これは野地木材が調子いいのではなく、市場が活発に動いているんだな」と。
そりゃ原木も高騰するよなと。
仕入れ価格が上がってしまうのは正直しんどいですが、
野地木材にとっては非常にチャンスであると感じています。

普段は他所から熊野にまで原木を買いに来ないのに、
原木不足から熊野まで買いに来る同業者が増える。
そして近年まれに見る原木価格の高騰。
他所の同業者の人たちは、運賃をかけて高い丸太を仕入れないといけない。

それに対し、我々は運賃かからない。

需要が大きく伸びるということは、産地である熊野にとっては
「産地である」という強みが非常に活きてくる。
そして「良材が採れる」という強みも活きる。
さらに「一年中採れる」という強みも活きる。

そういう「強い産地」の中で工場を営む我々は、マーケットの中で
とても有利な存在になれる。そうすると、我々のお客様にとっても
良材の安定供給が約束されるので、共にハッピーになっていける。

ということで、

国産材需要が伸びていくということは、
これから産地間(地域間)競争が始まってくるはずです。
そうなった時に勝ち残るのは

強い産地 + 素材の長所にマッチした工場 

が存在する地域であるはず。
いくら近場に、強い産地があったとしても、それに最大限の付加価値を
つけられない工場、需要に対応できない工場であれば、
マーケットからは見向きもされないでしょう。
もちろん売り方、伝え方も大事。

確かに原木は今非常に高い。
高いですよ。
しかし、憂うべきは「仕事がたくさんある」ということ。

仕事さえたくさんあれば工場の回転が増し、仕入れが上がったって、
その他の製造コストはうんと下げられる。
需要が高ければ、営業費、販促費も下がる。
仕入れが上がるとはすなわち、山にお金を還元できるということ。
そしたら原木の供給はきっと上がる。

やっぱ仕事あってこそなんです。

だからこそ今、需要がある今、
我々メーカーと産地、山は、踏ん張らないといけない。

しっかり作って、しっかり納めないといけない。
ここで手を抜いたり、対応できなければ、
今度こそもう国産材に戻ってきてくれないと思う。

だから国産材、
今こそ大チャンス!!!
国産材高騰は大チャンスです!!!
攻めどころがたくさんたくさんありの好機です!!!

ただし、

大チャンスを掴みきれなかった時には、

悲惨な末路が待っているよという条件付きの

大チャンスということを

決して忘れてはいけないよん。

5896333.jpg
イビチャ・オシム

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 確かに原木はこのまえ久しぶりに市場にいったら、値上がりしてびっくりです。柱だと、@立米で2000、3000円ぐらいあがったんですかね?中目のほうは柱ほどじゃないけど、1000円から2000円ぐらいあがっているような・・・製材品の単価はあまりあがっていないんですか?

  2. 製品の市場価格の事は詳しくないので、なんとも言えませんが、弊社の場合、仕入れの上下で製品の価格が変動することはほとんどありません。安定した納期と価格を保たないと、なかなか市場に乗せていくことは厳しいと考えています。