野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

真冬の整理整頓。

みなさんこんにちは。

寒い。

チョー寒い。

寒いからこそたくさん着こんだり、お部屋を暖めたりして寒さ対策するわけですが、

寒さ対策が進むと、今度は基準以上に心地良くなります。

言わば、暖かさに自分が支配されてしまうわけです。

そういう面で言えば、ホットカーペットなどは悪魔の力を持っていると言っても

過言ではありません。

したがって暖かさに支配された僕は、当然ダラダラとなるわけであり、

自動的に家ではダラダラとなるわけなのです。

ダラダラしていることを、悪いこととするのならば、

その原因は「悪魔の暖かさ」であり、「悪魔の暖かさ」を作り出した

冬の寒さに根本原因があるのです。

休日である今日の朝、心地良くダラダラしている僕に妻殿が

ややヒステリックなテンションでこう言いました。

「ちょっと、あんたさ、あんたの趣味のもの全部捨ててくれない?」と。

僕は、また始まったよ感たっぷりに、「えー。今忙しいから今度ね」と返しました。

すると妻殿はおもむろに、うちにある一番大きなカバンを取り出し、

それに息子の衣類と、自分の荷物を詰め込み始め、

「あんたとはやっていけない」とリピート&リピート。

かつ、叫びつつ&詰め込みつつで、それを見て青ざめた僕は

急いで畳に頭をこすりつけ、300秒間の土下座へと至りました。

そして、おでこが少し赤いまま、僕は急いで服を着替え、ホームセンターへと

車を飛ばし、1,980円の三段積みの収納ボックスを購入し、僕の趣味のもので

ごった返した押入れをキレイにかたづけました。

5年ぐらいモノが貯まり続けた状態だったので、いざ片付けてみると、

もう必要ないものがたくさんあることに気づきました。

これイラン、あれイラン、もうイランと、

半分ぐらいはいらないモノでした。

僕は「なるほどー。片付けるということは、いらないものを捨てるという作業だな。」と

感心し、いま野地木材で取り組んでいる「3S活動」を思い出し、いろいろと

それに当てはめてはフムフムとうなずいたわけであります。

いかに「捨てる」という行為が大事であるかということ。

「捨てる」という行為には、「片付ける決意」が必要であるということ。

整理整頓には上記の2点が重要になってくるのであり、

上記2点の「捨てる」ことと「片付ける決意」を、

妻殿が僕に対して持っているという現実に気づき、

僕は凍りついたまましばらく動けませんでした。

337-01.jpg