オンラインカジノ

しかし、インターネット上で最高のオンラインカジノをどのように選択しますか? 高額の預金をすることを恐れないカジノを選択するにはどうすればよいですかhttps://xn--lck0ae6f0c4g.xn--tckwe/。 そして、賞金は可能な限り最短の時間で引き落とされます。 同時に、外出先で愚かなルールを作成することなくhttps://xn--eckarf0b8a9dwb8czb0r8dbc.com/

野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

M-1

今日はM-1を見ました。

笑い飯優勝。

ScreenClipddd.jpg

見ていて思ったのは、

「技術だなぁ~」ということ。

なんだかんだ言って、やはり笑いを取る(漫才で)技術が一番あっての優勝だったなーと

感服してしまいました。

ただ、「笑い」というのは、技術だけではなく、空気感やその場の雰囲気でも

おもしろいを勝ち取る事ができる。

だからこそ、漫才の技術が高い芸人は、当然売れるのかといえば、

必ずしもそうではない。テレビにバンバン出ている芸人のネタだけで比較すると

実はテレビにあまり出ていない芸人の方が技術は高かったりする。

だからこそのM-1だったのだろう。

技術力を競い合う。

それでこそ、笑いの技術の向上に繋がると。

売れる為の競い合いは、技術以外の違う勝負も必要になってくるし、

どちらかといえば、技術は2番、3番ぐらいの必要優先順位かもしれない。

今年でM-1は終わりだそうだが、M-1ってすごく羨ましいなと思った。

僕らの業界にもそういった、技術を競い合う競技会みたいなのがあったらいいのに。

大工さんの世界にはあるらしいけど、

製材もあるのかな??

とにかく「売れたら勝ち」という勝負だけでは、なにかおもしろくない。

理不尽なこともいっぱいあるし、僕には納得できないこともたくさんあるもの。

利益や売上だけじゃなくて、

「技術力」や「表現力」、「提案力」、「先進性」とかさ、

「どの工場が一番すごいか」かという、数値的に比較できるような勝負が

できるような場があれば、もっともっと僕たちの業界は

レベルアップできたりするんじゃないかなーと、

笑い飯の漫才を見て笑いながら、そんなことを考えてた僕でした。