野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

局地的豪雨

みなさんこんにちは。

日本全国、雨凄いですね。

各地で洪水や土砂崩れ、床上浸水とニュースを見てどん引きしました。

熊野の隣の「尾鷲市」というところは、日本一の降水量の市であります。

だから熊野もよく降るんですよ。雨が。

ただ、今回の雨に関しては、そんなに熊野は降っていない。

雨模様ではありますが、降水量は例年並みではないのかな。

なんかおかしいですねー。

最近の天気とゆーか、日本とゆーか、地球とゆーかねぇ。

のぶたかです。

33_img01.jpg

局地的なんですよね。雨が。

ピンポイントに降りまくる。

こう普段そんなに雨が降らないような地域の、狭いポイントに豪雨が集中したりするのを

見ると、何かどこかの誰かが天気を好き勝手に操作しているのではないかとすら

思ってしまうほど、なんか普通じゃない感じがしてなりません。

どこかの誰かが、半笑いで「次、ここ豪雨いったろっと」みたいなノリでやってたりしてね。

ところで、

突然、話は変わりますが、

現在の野地木材へのオーダー(注文)もね、局地的です。

過去にそんなに注文にならなかったよーな製品群に、注文が殺到していまして。。。

そういった製品群は、局地的豪注文を想定していない訳ですから、

担当部署のメンバーは、もうパニックで救助隊が出動する始末で。

ここまでくるとねー

もう、どこかの誰かが、半笑いで「野地木材にまた、ここ注文したろっ」みたいなノリで

やってたりするじゃないかと思ったりしてしまいます。

どこかから、我々が慌てふためく姿を楽しんでいるのではないかと感じて

ハッと工場や事務所のどこかに隠しカメラがあるのではないかと、キョロキョロしてしまう。

ただねー、

日々、世の中は流れて行っている訳で、

人の好みもどんどん変わって行くのが世の常です。

注文の内容が変化して行くなんてことは、異常ではなく通常なんですよね。

だから、局地的豪注文なんてのは、勝手に野地木材自身が注文の流れを決めて

しまっていた中での結果でありますので、もしこの状況を想定していたとしたとするのならば

現在の局地的豪注文と言われる状況は、想定内の通常な流れということになる訳で。

よーするに、

何が異常で、何が常でってことは、自分が決める事ではないということですかね。

じゃー、誰が決めるんだってゆー。

そこの辺をよく考えておくべきだったのです。

まだまだ甘いねぇ、野地木材。

局地的豪雨のニュースを見てて、そんな事をふと感じてしまいました。

まー

異常注文と、異常気象とは、話が全然違うとは思いますが。

ぷぷぷっwww