野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

せんとくん

みなさんこんちにちは。

ブログご無沙汰しておりました。

野地木材のみんな、ブログに当てる時間が確保できない・・・・

オファーがちょっと、、、重なってまして、、、、パンパンなんです。。。。

事務所も現場も。

くっっっっっ・・・・・・・・・・・(T_T)

いつもココに来てくれている方々には、誠に申し訳なく思います。

ごめんちゃい。のぶたかです。

さて、今日も私は出張で出ております。

ビジネスホテルからのブログです。

先程、JRの駅で「せんとくん」のポスターを見かけました。

奈良県いま盛り上がっていますもんね。

せんとくんもよく見かけます。

せんとくんが生まれた当初、賛否両論でしたよね。

「きもい」とか、「かわいくない」とか、否定的な意見が多かった。

しかし、その論争が功を奏して、逆に「きもかわいい」キャラとして

今は定着して、皆さんに愛されているという、皮肉な結果になってるのは

皆さん周知の事実です。

ただ、僕はせんとくんを見る度に、少し悲しい気持ちというか、

寂しい気持ちになってしまうんです。

なんでだろう。

なんなんだろう、この気持ち。

まるで、駅で疲れた顔をしてバスを待っているサラリーマンを見てるかのような

まるで、檻の中に閉じ込められたゾウを見ているかのような

そういったもの悲しさを感じてしまう。

だけど今日僕はわかってしまったんです。

そのワケに。

それは、

おそらくせんとくんが生まれた瞬間、世の中の多くの人々に心から「かわいい」と

言ってもらうために生まれて来たのだと思います。

せんとくんも、その宿命を存分に理解し、並々ならぬプレッシャーと決意を胸に

生まれて来たはずなのです。

しかしながら、現実はどうでしょう。

「きもい」  「きしょい」   「こわい」   「かわいくない」

予想だにせぬ出来事が起きました。

「嫌われとるじゃないか。ぼくは。」

せんとくんはそう思ったはずです。

「かわいい」を狙った、お坊さん+鹿の角。

思いっきりスベッてしまったものだから。

しかし、現在は「寒笑い」が起きて、「かわいい」ともてはやされて。

でも、せんとくんに向けられている今現在の「かわいい」は、

せんとくんが欲しかった「かわいい」とは、別のニュアンスの「かわいい」であるのです。

「寒かわいい」なのです。

言うなれば「あははかわいい」と言うような

まず笑われてからの「かわいい」。

笑われるを経てからの、「かわいい」。

これは、つらい。

ハンサム 二枚目ならぬ、三枚目キャラになってしまったんです。

だから、せんとくんはもっとキャピキャピして、かわいがられたかったはずなのに、

今では三枚目キャラを理解し、陽気に振る舞っているのです。

「みんな僕を笑って下さい」と

三枚目キャラを演じているのです。

なりたかった自分は、今の自分じゃないのに、、、、

でも、世の中のニーズは、そこにあって、、、

奈良県を背負って、、、

お坊さんを背負って、、、

鹿を背負って、、、、、

必死で陽気に振る舞っているんです。

そんなせんとくんの顔を見てると、

僕はどうしても胸が張り裂けそうになる。

うっすら涙すら浮かぶ。

あぁ、せんとくん。

そんな悲しい目で

僕を見ないでくれ・・・・