野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

4月京都 病院編

私のブログは、病院行ってるはずなのに観光や食べ物が主流で、ほんとに病気なの?
と、思っておられる方もいらっしゃるようなので(
風に乗って噂がチラホラ・・・)

今回は病院受診中心に!!と固く心に誓いました。

4月8日午前7時自宅出発。
京都東インター出口までは順調でしたが、さすが京都。
混んでました。
今回は「一号線を通って烏丸通りを走って渋滞避ける」
というグローバルな企画は一号線渋滞という
実態にあえなく挫折。

私流、行き当たりばったりの裏通りちょろちょろ作戦に変更。
それも病院駐車場満車のため順番待ちという番狂わせがあり、
病院受付に着いたのが12時検査開始の15分前でした。

ここで 私の病気の説明をします。
「慢性炎症性脱髄性多発神経炎(
CIDP今後この名前で表記します)。」という聞いたことのない長い病名の病気です。
10万人に一人の罹患率で原因不明の難病。
昨年10月1日から特定疾患に指定されました。

一昨年4月に発病し8月には両上肢下肢動かなくなりました。
あちこち病院受診しても病名わからず、

京都府立医科大学付属病院神経内科(これも長い名前)で
やっと判明。奇跡の復活を致しました!!!!
yweq1.jpg
昨年5月24日二度目の退院後、毎月府立病院詣でです。
CIDPという病気は、上下肢筋指の筋力低下の範囲と強弱、
手足の痺れの範囲と強弱、神経伝導速度検査などにより病気の経過を診て貰います。
 
病気の最悪状態を把握していないと現状の良し悪しが判明できない
のです。
ということで、
私を救ってくださった先生の外来受診を続けております。

先月受診時、暫く神経伝導速度検査やっていないので来月しましょうとのことで、検査日の木曜日
診察日の金曜日と二日にかけての病院受診となりました。

まず神経伝導速度検査とは・・・・
腕や足の神経に電流を流し、
その電流が流れる速度で神経の損傷程度や患部場所を調べるという恐怖の検査です。(写真奥のパソコンみたいな機械がそうです。)

写真の先生が、通算六ヶ月の入院中何人か変わった最後の主治医です。
早朝より深夜まで、土日祭日も病院におられて診て下さいました。
小柄で華奢な体のどこにそんなエネルギーがあるのか・・・・
驚くばかりです。

恐怖の検査開始前
検査の先生3人いるのにもかかわらず、
超多忙な中駆けつけて下さいました(涙)。
信頼している先生が居てくれるので一安心。
いざ!!電気椅子に座る覚悟で検査に臨みます。

検査結果は、昨年秋とあまり変わっていないとのことで、一安心。
病状把握の一指針となりました。

検査が無事終了して、証拠写真となる記念撮影。ハイ!チーズ!
撮影してくれた先生が「ハハアー新しい患者のパターンやなあ」
って仰ってました。
yweq2.jpg
yweq3.jpg
検査が終わり京都観光に向かいますが、のちほど紹介致します。

翌日 
受付は8時からなのですが、
順番とってより早く血液検査が出来るようにするために、7時30分に病院に行きました。
血液検査も入院患者さん採血終了後なので、また待ち続けます。

採血済んで、地下食堂でやっと朝食。

神経内科受付に行き 診察待ち。

外来主治医は、入院時からお世話になっている医大講師のS先生。
京都西陣出身の優しく穏やかな先生で、
私のわがままな御願いを最大限譲歩して叶えてくれながら、まだまだ未知の病気「CIDP」の治療をしてくださっています。∞感謝です

次回診察日予約して、入院していた病棟に「
お変わりないですかあ」とどちらが患者か分からないような挨拶しに行くのも定例です。
病院前の薬局で薬をもらって、
京都御所が一般公開なので急遽観て帰ろうと思い立ち、
そのまま御所へとテクテク歩いていきました。

京都御所は、次回ご紹介いたします。