野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

最高金賞!

みなさんこんにちは。

熊野市は雨です。よく降るよ。しとしとと。

明日は晴れて欲しいなぁ。

神様、明日はどうか天気にしてください。

アーメン。

なっちって。

のぶたかです。

さてね、最近よくコマーシャルや、宣伝、広告において
「モンドセレクション○○賞受賞!」という文句を聞く。
第三者が認定した価値を「付加価値」として商品にのっける手法ですね。

確かに、「モンドセレクション金賞受賞」なんて書いてある賞品見たら
まず、間違いないと思ってしまう。

しかも僕は「モンドセレクション」の意味を知らないのに。だ。
ましてや、「モンド」って誰?みたいな。

しかし、「モンドセレクション金賞」の商品を手に取ってしまう自分がいるのは
事実であるので、これは当然、野地木材製品にも使えるであろうと思い、
野地木材の製品で「モンドセレクション」の金賞を取ろうと考えた。

そもそも、「モンドセレクション」とはなんだろう。
ネット(Wiki)で調べてみると、

mond1.jpg

モンドセレクション(Monde Selection)とは、ベルギーの民間団体(ベルギー政府系)が行っている、食品分野を中心とした製品の技術的水準を審査する組織、またはそこから与えられる認証(この組織では賞と表記している)のこと。

出品者からモンドセレクション本部に送付された商品に対し、専門家や評論家などが審査を行う。ジャンルはビール・菓子・タバコ・美容などのカテゴリからさらに100以上のグループに分かれており、出品数もまちまちである。審査基準の詳細は非公表だが、「味覚」「衛生」「パッケージに記載されている成分などが正しいか」「原材料」等の項目だといわれている。各項目の点数を加算し、総合得点によって各カテゴリごとに特別金賞、金賞、銀賞、銅賞が授与される。

    * 100点満点の90点以上で特別金賞(グランドゴールドメダル)
    * 80点以上で金賞(ゴールドメダル)
    * 70点以上で銀賞(シルバーメダル)
    * 60点以上で銅賞(ブロンズメダル)

    * 3年連続して金賞以上を受賞すると国際優秀品質賞

本認証は相対評価ではなく絶対評価を用いているため、定められた技術水準を満たした商品には全て認証が与えられる。特別金賞は2006年以降毎年50点以上の日本製品に与えられている。なお国際的にはほとんど無名である一方、日本国内で近年急激に知名度が上がったため、審査対象品の5割が日本からの出品という状態にある。さらに、日本から出品した食品の8割が入賞している。

・・・・・・。

モンド氏が選んでいる賞じゃなかったのね。
食品オンリーだし。

しかも、コンクールで競い合うのかと思いきや、
絶対評価ってことだし。
食品の品質基準、いや、おいしさ基準、おいしさ規格みたいなもんなのですね。
「モンドセレクション」って。

我々の仕事に関わる業界の規格として、ISOや、JAS規格というものが
ありますが、なんかこう「工業」って感じなので、僕はあまり気乗りしません。

とはいっても、時代の流れ上、絶対に必要ではあるので、
野地木材工業はJAS規格認定工場ではあります。

しかしながら現状、JAS規格製品の認知度って、
末端消費者(施主)にまで浸透していませんし
今のところ、規格だけ先走っている感が否めません。

なんで、JAS規格に「乗り気」がしないのかと考えましたところ、
やはり「JAS規格」という呼び名であると思うのです。

響きがダサいもん。「JAS規格(ジャスキカク)」って。

もっと「モンドセレクション」みたいな、洗煉さが欲しいですよ。
マダムも欲しがりそうなさ。

だから、呼び名を変えるべきです。
規格はそのままでいいから。

新しい呼び名は、JAS規格ではなく、

「ジャスセレクション」

に、変えれば良いんです。

なんかオシャレやん。響きがさ。

ジャズっぽいし。


ジャスセレクション 金賞受賞!

ほら。

もう、響きで売れそうですよ。

響きで欲しがりますよ。

製品を梱包した箱にこんな感じで表示してさ、

野地木材工業製 桧フローリング

ジャスセレクション 3年連続 最高金賞受賞

aatitle.jpg

 

これは、売れちゃうねぇ。

売れちゃうよきっと。

勝手に言っちゃおうかな。

ジャスセレクションって。