野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

勾配加工

今日は勾配加工をすることとなりました。
以前常務に呼ばれて、桧の手すり材を勾配加工をするようにとご指示を頂きました。
勾配加工ってフル ページ FAX プリント-08.jpg←(木口から見た図)

こんか感じの斜めになった感じの加工です。

勾配加工するやつって長押(なげし)とか瓦残(かわらざん)とかそう言った材料が多いんですが、今回入った注文はベランダの手すりみたいです。
ちなみに今回入ったのはフル ページ FAX プリント-05.jpgこういう寸法のやつです。
これをマルチでやれと言うことなんですが、
こういう加工は別にマルチでやらなくとも色々方法があるんです。
でもなぜ僕に頼むかって言うとですねー。

P10103k57.jpg

製材の人たちに任せておくと、こういうやいばをつかって自分のもがれるか、木に勾配をつけるか二つに一つ(デットorアライブ)みたいな勾配の付け方をするので危なく会社としてはあまりやらせたくなって事でもっと安全な方法でなおかつあんまり注文の来ない加工なのでお金のかからない方法でやりなさいと言う事なのです。

と言うことで、それなら仕方がないと言う事で加工することになりました。

マルチで加工する場合はまず

フル ページ FAX プリント-06.jpg  フル ページ FAX プリント-07.jpg フル ページ FAX プリント-08.jpg
こんな感じに四角く削ります。  そんでもってこの赤い部分を削って 斜めにするわけです。

実は材木屋にとって表面に勾配付けるのは節が出るのでとても嫌なのです。

それはさておき、
とにかくこの斜めの加工をプレーナーでやるには斜めに材料を投入しないといけません。
ちなみにプレーナーってこんなやつの事です。→kanna1.JPG

フル ページ FAX プリント-09.jpgだから今まではこんな感じでカマシを下にしいてビスで留めてやってなんですけど今回の材料はこの方法が使えんのです。
って言うのはベランダの手すりだから4面見える可能性があるが為にビスの跡が残ってしまうとクレーム返品の対象になってしまいます。
色々悩んだあげくに考えました。そんで

フル ページ FAX プリント-10.jpgこういう台を作ってフル ページ FAX プリント-03.jpgこんな風に材料を乗せて削ればいいですよと
まあそう考えたわけッス。
これなら傷が付かずにすむッス。

とにかく作ってやってみたまでは良いのですが意外にこれが難しんですよ。

ツーのはこの30と40の勾配指定のことなんス。
この10の差を付けるのに苦労しました。
フル ページ FAX プリント-01.jpgまずこの差を付けるのに勾配を付けるカマシを何ミリにするのかって事
フル ページ FAX プリント-15.jpg           フル ページ FAX プリント-14.jpg
カマシがでかすぎると勾配               小さすぎると勾配が
が付き過ぎるし。          つかな過ぎッス。

あと、カマシを設置する位置の問題です。

フル ページ FAX プリント-12.jpg                      フル ページ FAX プリント-13.jpg
それにカマシの位置が         内過ぎると
外過ぎると勾配がビミョーに      付き過ぎッス。
付かない。

と言うわけで勾配加工にとってカマシの厚さと位置は永遠のテーマなのです。

しかし、出荷日は近づいて、今いくよくるよ。

サイズと位置関係を数学で求め出すと下手するとサインコサインタンジェントの話にもなりかねないので、実験を繰り返す事にしました。
実験を繰り返すこと半日・・・
やっと分かりました。

☆まずカマシは勾配差(10)以下なら何でも良いと言うことが判明。

フル ページ FAX プリント-04.jpg
☆そんで位置は台の上に乗せた材料の頂点にサシガネを当てて垂直に降ろし板と板との隙間が勾配差(10)になれる位置が適当であると言う事。

この二つがかみ合ったベストポジションで
フル ページ FAX プリント-02.jpgビスを使って固定。

そんで出来た試作機第一号がコレ
P1010575.jpg

私の汗と涙の結晶。見た目はただのビックマックサンドです。

P1010572.jpg
涙の試走運転 でもちょっと危ないので濱中君にやらせときました。

P1010568.jpg
結果、成功!!我ながらすばらしい勾配であります。

P1010585.jpg
後はサンダー仕上げで完了ッス。
斜めの加工はサンダーの機械通せないのでこうやって二枚重ねにしてとおします。

でも
P1010580.jpg
通すの面倒なので真砂課長にかけさせときました。

P1010586.jpg
勾配加工・・・・
完了ッス

後で専務に聞きました

「何でこの手摺り勾配なの?」って

じゃあ専務が

「斜めの方がカッコええから」って言ってました。

機能性じゃなくデザイン性の問題だったのですね。

それ聞いて度肝抜かれたッス。