野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

木材業界のmarketing

専務からこんな問題を出されました。

巨大シイタケを売ってください。
147.jpg
購買意欲を掻き立てるようなキャッチコピーは?との問題でした。
う~ん…。みなさん、思い浮かびますか?

先日、マーケティング勉強会があり色々と教えてもらいました。

「本来製造業が追求しなければならないことは、良いものを安く
すぐに納品すること。
(真っ先に牛丼屋が思い浮かぶ・・・。)

しかしライフサイクル上、成熟期→衰退期になるとさらに
マーケティングが必須となってくるので

1.購買動機の創造(必要性・欲求性・物語性)
2.顧客接点の創出(販売促進・営業)
3.マーケットイン的発想(顧客視点に立つ)
4.独自固有の価値の創造(長所伸展)

が、問われてくる。」とのこと。

う~ん、理解できたようなできてないような・・・
まだまだ知識不足なのでもっと勉強しないと・・・

とりあず、これからは「何を売るか、いかに売るか」が大事ってこと?

以前、アパレルメーカーに勤務していたときに勉強したことを思い出しました。
女の子たちがどのような仕事をしていて、どういう部屋に住んで、
どのような音楽を聴いて、どのようなテレビを見て、どのような雑誌を読んでいるのか。
そういったことを数値ではなく、イメージで把握できるかどうか。

洋服だったら先月買ったから今月は買わない、とかありません。
カタログを見て、マネキンを見て、欲しいと思ったら買っていく。

でも木材は・・・難しいですね~、木材業界のマーケティング。

と、いうわけで上記の問題が出されたわけなんです。

巨大しいたけキャッチコピー
私の考えた答えは・・・
「でっかくなっちゃった♪」
と、応えたら怒られました。

1.購買動機の創造(必要性・欲求性・物語性)に基づき、
みなさんも一緒に考えてみてください。
よろしければみなさんの考え,教えてください。

それでは続きはまた次回…。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. むずかしいですねー。
    でもおもしろそう☆
    こんなのどうでしょうか。
    「青春しいたけ ~食べ盛りの僕らのビタミン~」
    ターゲットを食べ盛りの若者に絞り込んでみました。
    あ、でも若い人って、椎茸嫌いが多いのか!?

  2. おおきいだけ ←一応ドコモダケに対抗して
    うーん我ながらつまんない・・
    仕事しながら考えると超時間つぶしになるよー

  3. luluco様。
    青春×しいたけ。
    なんてポップなんでしょう!!!
    まるで歌のタイトルみたいですね!
    海に、山に、青春しいたけ。
    椎茸嫌いも吹っ飛びそうな青春しいたけに
    星3つ☆☆☆です~~~~~。

  4. shimi様。
    shimi様のその絶妙なセンスが感じられます。。。
    さすが。。。
    ちなみに我らが副ボス(専務)の考えたキャッチフレーズ。
    『大きいだけで味は一緒』というのもありました!
    逆に食べたくなる、とwww
    スーパーに巨大しいたけ。
    そこには『おおきいだけ』のフレーズ。
    めちゃめちゃキャッチーですね!!!
    笑えます(笑)星☆☆☆!!!