オンラインカジノ

しかし、インターネット上で最高のオンラインカジノをどのように選択しますか? 高額の預金をすることを恐れないカジノを選択するにはどうすればよいですかhttps://xn--lck0ae6f0c4g.xn--tckwe/。 そして、賞金は可能な限り最短の時間で引き落とされます。 同時に、外出先で愚かなルールを作成することなくhttps://xn--eckarf0b8a9dwb8czb0r8dbc.com/

野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

考えるということを、考え直してみ。

みなさんこんにちは。
あっついね。嫌になりますよね。
しかし、半年前は「さっぶいね」とか言ってたんですよ。
勝手なもんです。

のぶたかです。

先週の土曜日、仕事で大阪に行ってきました。
その土曜日の夜、タクシーに乗ったところチラシが目に付いたので
手に取った見たら「安藤忠雄建築展2009  対決。水の都 大阪VSベニス」と
書いてありました。、「対決。 大阪VSベニス」のくだりがとても気になり
日曜日に行ってきました。

朝一番から会場のサントリーミュージアムに行くと、運良く安藤さん自身による
ギャラリートークがあり、その日が最終日ということもあって、ノリノリで話をする
安藤さんを生で見ることができました。ラッキー。
1grgrte.jpg

話しはね、それはもう芸人です。めちゃおもしろい方です。
とにかくパワフルで、熱くコミカルな印象を受けました。
話しの中で特に気になる言葉がありました。
それは

「大きな事を成すためには、3つの力が必要です。

一つは”努力”、もう一つは”行動力”、そして最後に”暴力”であります。」

・・・・・・やられました。
ノックアウトです。僕。

安藤さんが言うには、今の日本にはとりわけ「暴力」が足らないとのこと。

なるほど。そうかも。

総理大臣を見てもそうかも知れない。
高度経済成長期の総理大臣と、今の総理大臣を比べてみても
暴力(暴れる力)が弱いってのは、僕が見てもわかります。

安藤さんの話を聞き、そして自伝を読んで僕がすごく感じた事があります。

それは、「人一倍考え続けている人」であると言うこと。

過去にもいろいろな経営者や、偉大な方々の伝記や自伝を読んで
共通して思っていたことなんですが、皆それぞれの哲学があり
それらは
「長い時間考えて考えて、考え抜いてたどり着いたこと」なんだなと。

僕も昔からいろいろ考えることは好きでした。
だから、音楽にも、のめり込んだのです。
心地よいメロディーを考える。そして、聞き味の良いフレーズ、言葉、
心に残る詞を考える。
とにかく日々考えていました。

最近それら「考える」ことについて、さらにいろいろと考えてました。

良いアイデアとは

良い作品とは

良い策とは

どうすれば考えつくのか。もしくは、過去にどうやって考えついたのか。
考えました。

集中力。

柔らかい頭。

知識、ノウハウ。

環境。

などなど、どの要素が一番「考える」ことに重要な要素なのだろうかと。

今回、安藤さんの本を読んで、一つの結論がでました。

それは、

「時間」

考え抜いた時間が一番大事なのだと。

パッと急にひらめいたアイデアも、実はそこに及ぶまでに
何時間も何日も何週間も考え抜いたプロセスがあったわけで
簡単にひらめいたわけではないのであって。

結果的に同じひらめきに至ったとしても、5分でそれをひらめいたのか、
5日間かけてひらめいたのかというのでは、ひらめきの密度が違う。

僕の過去を思い起こしても、良いなと思うアイデアや音楽や策は
とにかく、かなりの時間を費やしてひらめいたモノであることが多い。

偉大な人というのは、とにかく考えまくる。
そして、考えてある程度の答えは出すが、それをまた
「本当かな?もっとないかな?」とか思いながらまた考える。
ずーっと、ずーーーっと考える。

だから良い仕事するには、とにかく長い時間考え続けなくてはいけないんです。
もちろん、動きながら。素早く決断しながら。
やる気とか、ワークライフバランスとか、信念とか、感情だとか
いろいろありますが、とにかく「ずっと考えろ」という事です。

考えることをやめたとき、休んだとき、怠ったとき、忘れたとき
そのときが、危機だと思うんです。

だって、考えてないから、危機に気づけないもんね。

「考え抜いて、暴れましょう。」

安藤さんに素敵なメッセージを頂きました。感謝です。

防備録として、自伝を読んで気になった言葉を記しておきます。
——以下「建築家 安藤忠雄」より抜粋

「私が率いる設計事務所という小さな組織は、一人の指揮官と
その命に従う兵隊からなる『軍隊』ではない。
共通の理念を掲げ、信念と責務を持った個人が
我が身を賭して生きる『ゲリラ』の集まりである」

「『住まうとは、ときに厳しいものだ。私に設計を頼んだ以上、
あなたも闘って住みこなす覚悟をして欲しい』
家を建てたいという人が来たときに、私はこのように説明する。」

「私は、人間にとって本当の幸せは、光の下にいることではないと思う。
その光を遠く見据えて、それに向かって懸命に走っている
無我夢中の時間の中にこそ、人生の充実があると思う。」

2gedga.jpg
サインもらっちゃいました~☆

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. どもども。暑いですね。
    羨ましいですね。とても。
    安藤さんの生トークは一度聞きたいと思っているんですが聞けず。
    ホント、羨ましい。
    あ、今日フジファブリック見てきました。

  2. >未来の建築家のびばさん
    あ、とうとう来てくれましたね。
    どーもどーも。
    安藤さんの作品を見てて思い出しました。
    びばさんの住んでいた永福町の
    ベースにカビが生えてきたマンションをさ。