オンラインカジノ

しかし、インターネット上で最高のオンラインカジノをどのように選択しますか? 高額の預金をすることを恐れないカジノを選択するにはどうすればよいですかhttps://xn--lck0ae6f0c4g.xn--tckwe/。 そして、賞金は可能な限り最短の時間で引き落とされます。 同時に、外出先で愚かなルールを作成することなくhttps://xn--eckarf0b8a9dwb8czb0r8dbc.com/

野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

なぜ私、京都にいるのか。~その2~

10月25日退院後、自宅で療養。
 散歩や、買い物に行ったり、時々会社に行ったりと自由に過ごしていました。
 このまま元通りの体になり、復帰できると楽観視していました・・・・・・・
 
 
月に一回の府立医大外来受診も、京都一泊で観光気分で行っていました。
 劇的効果のあったガンマグロブリンは、一ヶ月の効き目であるため、
その後は、ステロイドの内服薬での治療となります。
 
しかし、ステロイド薬はさまざまな副作用があります。
そのため徐々に減量していくことになるのですが、
減量したためか、ガンマグロブリン効果が切れてきたためか、
両足に痺れが、出てきました。
 
このまま、治ると思っていたためショックでした。 

外来主治医にすぐ電話したら、

「次回診察まで、ステロイド減量せずに様子見るように」とのことでした。
 
年が明け、両足痺れやツッパリ感で歩行しにくくなってきました。
 2月初旬の診察時、左手握力のみ、20が9にまで低下していました。
 

外来主治医に

「これは、病気の再発です。部屋が空き次第入院しましょう。」と。
 
それまで、「副作用が多いステロイド薬からシクロスポリン薬に変えてください。」と希望していたので
良い機会と軽く思っていました。
 
 
3月2日再入院。
ガンマグロブリン点滴、リハビリ開始。様々な検査も行いました。
その結果、退院時より数値悪化で再発も明白になりました。
 
ステロイドも10錠から4錠に減っていたのに、また10錠に戻っての治療再開。
それを「2ヶ月かかって6錠に減らして、それからやっと シクロスポリンの服薬が始まる」との
主治医からの説明に、あぜん!!!
 
2ヶ月間の低カロリー低脂肪食の食事制限に、外出禁止。(大量ステロイド投与の為)
 
一日二回のリハビリ以外特にすることもなく、病気再発、今後の不安・・・ストレスは溜まるばかり。
 
しかし、それらを克服出来たのは、
パソコン、デジカメ、携帯メール、花でした。
みんなに「病室内は、ミニオフィスのようだね」と言われていました。
 
何かに打ち込むことで、とかく滅入りがちな気持ちを前向きにさせていたのです。
それでも空いた時間、病院内の色々な人と接っして、
とにかく前向きな人は元気になってるということに気がつきました
 
ある方に知り合い、その方を見てて
「不治の病なのに、どうしてこんな笑顔でいられるんだろう?
と不思議でしたが、その人が元気に退院されて感動しました。
 
私なんか、足の痺れツッパリでワーワー言って恥ずかしい。
悪くなっても、治療法があるからいいんじゃない?
 
治療に専念させてもらって有難い。
私が家(会社)にいないので、周りが頼らず成長していっている。
京都に滞在して、好きな事ができる。
 
すべての事に感謝!すべてにありがとう!

そう思うと、気持ちがスーッと楽になりました。

ニコニコ笑顔も周りが明るくなるし、毎日が楽しくってしょうがなくなってくる。
 
病気の数値もどんどん良くなる。

良いことずくめ☆

 
そして 5月24日 退院しました。
両足痺れツッパリは、軽快しましたがまだありますし、
慢性病なので一生この病気とつきあう事になりそうです。
 
でも歩けますし、車にも乗れます。
過労は、禁物ですが、なんでもほどほどに(これはなかなか難しい)
やることが可能です(走る以外・・・・・・ 笑)
 
今後、2週間毎の病院受診の為、京都に行けるので、こりゃまた 楽しい!
毎日何しようか、考えて行動するのが、これまた 楽しい!!
自分が変わると、周りも変わる、優しくなってくる、これほんと!!!!!
入院生活は長かったですが、今回得たものは大きい入院でした。
 
 え~ 長々と書きましたが、これが京都にいた理由です。
 
現在自宅で 野地木材部長ブログが、主な仕事です。
でも、専務の検閲が厳しく却下されることもあります。
でもめげてません。ケラケラ笑って、次を考えてまた書きます。
 
この度のブログは、私の体験談が何かのお役にたてたらと思い書きました。
 
健康の有難さを実感して、感謝の気持ちを忘れないで欲しいと思います。
そうするとすべてが、自然と良い方向に向かいます。
 
      
   感謝!感謝!!感謝!!!

DSC00006.jpg
退院時、ナースさん達と。

DCSA0198.jpg
1回目の退院後の散歩スタイル。
(ステロイドの副作用で免疫力が弱っているためマスクを。)

DCSA0686.jpg
私の病室内。

DSC00j001.jpg
2回目入院時、主治医ドクター二人と、実習生の学生さん(右端)

DSC00j003.jpg
医大実習生の学生を指導する講師ドクター。
私の外来主治医で優しいドクター。

DSC000j02.jpg
リハビリの様子。

DSC00j004.jpg
私の命の恩人。府立医大看護部長。

DSC0j0005.jpg
神経内科リハビリ室の先生方と退院前に。

DSC0j0009.jpg
リハビリの様子。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 部長様
    いつもお世話になっております。
    ブログを拝見して、体験と気づきについて教えていただきました。
    「自分に何かが起こる」→「自分自身が何かを得る(気づく)」
    そして、周りの人たちと自分との関係。
    自分に起こることの範囲でしか、当然自分自身は知り得ないものですが、
    しかし部長様の体験を通じて、自分のことのように(深く)考えてみることをしてみました。
    いつも明るくあり続けたいと。願い、
    両親に明るく健康になるように育ててもらって良かった。
    と感謝できました。
    部長様いつもありがとうございます。

  2.  kido様
    こちらこそ 有難うございます。
    毎日皆に支えられ、頑張れます。
    一人では出来ない事って沢山。人の輪ってとても大事だと、教えられま
    した。  これからも、年輪を積んでいきますので、どうぞ宜しく御願
    い致します。
    今日 「熊野倶楽部」という7月17日オープンの交流拠点の施設見学
    に行ってきました。  また 遊びにおいでください。ご案内いたしま
    す。温泉露天風呂が広くて素敵!

  3. 野地真美様
    こんばんは、お隣の病室で両親がお世話になりました。
    先週は病室に来ていただき、果物まで頂きありがとうございました。母と看病交代する時に来ていただいたことを伝えましたら、お会い出来なかった事を残念がっておりました。
    ブログを拝見させて頂き、昨年から大変なことが続いていたのを知り、びっくりしました・・・というのも、とてもお元気そうで、知らなければ患者さんのご家族の方かと思うくらい、いつも活動的に外出されていらっしゃったし、ドアには「・・に出かけています」とメモが貼ってある印象が強かったんですが。一体どこが悪くて入院なさっているのだろうと思い、母に聞いた程でした。でも、本当は辛い治療もなさっていたのですね。きっと、ブログにかかれているように、前向きに、気持ちを切り替えて闘病なさったことが良い結果につながったのですね。
    ご家族の近くで生活できることが本当に一番ですね。父の入院でそのことがよくわかりました。又、病院へ来られる時にお時間があれば、病室にお越し下さい。母も喜ぶと思います。
    お元気で、ますます活発にお過ごし下さいね。
    徳竹美恵子