オンラインカジノ

しかし、インターネット上で最高のオンラインカジノをどのように選択しますか? 高額の預金をすることを恐れないカジノを選択するにはどうすればよいですかhttps://xn--lck0ae6f0c4g.xn--tckwe/。 そして、賞金は可能な限り最短の時間で引き落とされます。 同時に、外出先で愚かなルールを作成することなくhttps://xn--eckarf0b8a9dwb8czb0r8dbc.com/

野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

なぜ私、京都にいるのか。~その1~

本日朝5時、車で自宅を出発。8時すぎ京都着。
 
京都府立医科大学付属病院神経内科外来に直行しました。
 
lololo.jpgなぜ、私が京都の病院に行くのか・・・。
 
私のブログを見てくださっている方で「野地木材の部長がなぜ三ヶ月も京都に?」と、
不思議に思って見て下さっている方も、居られると聞きましたので、
この機会にその件について、お話したいと思います。
 
これは、短編一冊になる位長~いお話になるので、短くまとめます。

昨年5月、仕事中左足先が通常より上がらなくなり、地元の整形外科受診するも原因不明で治らず。
次第に足先から膝にかけて痺れ出現。
それと共に左足筋力低下で歩行難になってきました。
 
6月末、某大学病院に入院して精密検査するも、
「心因性」とのことで
主治医の先生が「徐々に治るであろう」ということで退院。
 
 なのに!!!それからすぐに

右足の筋力、両手も筋力低下始まり、
おまけに左顔面麻痺にまでなってきたのです・・・(涙)
 
8月初旬、ついに一人で立ち上がれず、着替えもできず、
自宅で生活することが出来ない状態になってしまいました。

某大学病院に「入院させて欲しい」と頼むも、
「あなたの場合、心因性だから」と言われ、精神病院を紹介されました。
 
そして精神病院の院長先生の診察を受け、私の説明を聞いていた院長先生が、
 
「野地さんは、心因性の病気ではないと思うよ。
 心因性の人は、病気に逃げようとしているけど、
 野地さんみたいに、病気に対して前向きな人は見たことがないよ」と・・・・
 
さらに、
「ここに入院して手遅れになったらいけないので、
一日も早く 大きな総合病院に行きなさい」
 
そうおっしゃいました。
 
「でも、今夜からの生活が出来ないので、
取り合えず入院お願いします。病院は探しますので」と
藁をも掴む思いで、頼み込みました。
そうして車椅子での、精神病院生活が始まりました。  
 
「大きな病院・・・どこに行こうか~   
ああ~そうだ!私が卒業した京都府立医大病院(私はそこの看護学校を卒業して
1年半勤めていました。)に行けばいいのだ」と、気がつきました。
 
看護学校時代の同級生がただ一人、その病院に残っているので電話してみたら、
「すぐおいで~ 良い先生紹介するから。」と
言ってくれました。
 
早速今までの病気のデーターを、すべて京都の病院に送って、
8月14日日京都府立医大病院神経内科外来受診。
 
そのまま神経内科A8病棟救急入院。
 
その日から、緊急検査が朝から夜まで続きました。
 ベッドで寝返り出来なくなり、
「食事も明日から自分で食べられなくなるのかなぁ」と
とても不安に思っていました。
 
入院から1週間目の夜、
「野地さん 病名が分かりました!
慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)です。
すぐに、ガンマグロブリン点滴します。」と
主治医から告げられました。
 
「なっ何?その病気は?」
 
CIDPとは、中枢神経から末梢神経に分岐している根元の、
首から腰までの部分に多発的に炎症が起こるのです。
病気が起こる原因は不明で、10万人に一人の確率で発症する難病なんです。
全国で3000人位の患者数で、何もかも研究段階の未知数だらけの病気です。
DCSA0296.jpg 
※主治医さん

P1000229.jpg
※神経内科の部長さんと

とにかくガンマグロブリン一日5本(450CC)を5日間点滴して、
それが劇的に効果がありました。
 
 点滴して数日で、立てなかったのに車椅子から一人で
立ち上がることができました。その時ばかりは、ナースさんも拍手喝采!
 
点滴開始と同時に リハビリ開始して筋力復元、
ステロイドの内服が始まりました。
歩行出来るようになり、3週間後2回目のガンマグロブリンで、
30度までしか上がらなかった両手が、
万歳できるまで復活しました!
P1000240.jpg 
そして、10月25日

やっと退院しました。

P1000231.jpg
※チーム・バチスタならぬ、チーム・マミスタです☆

続く・・・・・