野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

社長ショー

DSC00020みなさんこんにちは。
ここ最近、雨降ったり、寒かったり、はにかんだり。
相変わらず毎日おもろいッス。
どーも、伸卓です。

近頃、遠くから野地木材に見学に来るお客様が増えてきました。
わざわざこんな陸の果ての熊野まで、たわいのない工場を見に来て頂いて
本当に申し訳ないなーと感じます。
もうちょっと、おもろい工場になっていたらなーと反省しつつ、来て頂いたからには
精一杯の案内をしようかとも思い、説明には力が入ります。

DSC00021

22日に三重県の「緑の雇用担い手対策事業」という、いわゆる
これから林業の仕事をして行きたい人を育成するという事業に集まった
やる気ある方々が、当社を見学にお越しになりました。

最初の「おはようございます」の挨拶に始まり、話を聞く態度や
学ぼうとする姿勢、びっくりするほどの「やる気」に満ちた皆様。

すげーです。皆様の「やる気」に、僕はびびりました。

「今時林業に希望を抱いてがんばろうとする人なんているのかねぇ」と
思っていたこの頃、皆様の「熱さ」に完敗です。軽々しく思っていた自分が
申し訳ないほどに。恥ずかしいッス。

うちの社長も皆様の気合いに乗せられ、めっちゃハイテンション。
たいがいいっつも人に説明する時は、テンションが高いのですが、この日は
いつになく、身振り手振りのアクションも大きく、声も張り上げてしまってます。
さらに超熊野弁で超早口。さらに言葉足らず。

社長 「あののぉ、この辺の木は密度が高てのぉ、含水率がばり高いもんで、どいらい乾き
   にくいんやわぁ。そやもんで一回水かけて、含水率がばらついとる木をある程度
   均一化させやなあかんのやがえ。その代わり強度はどいらいんやけどの。」

通訳(のぶたか)  「熊野の木材は含水率が非常に高く、さらにばらついているので、
    一度水をかけて、寝かすことでばらつきをなくさないといけません。
   それから、乾燥機に入れて乾燥行程に入ります。なかなか水分は脱けにくいですが
   それは木材の密度が高いという証拠で、強度があるという意味なんです。」

社長は一生懸命熱く皆様に語るのですが、皆様は「ポカン」とした顔をして
「何言ってるのかわからない」という顔で僕を見てくるので
僕は同時通訳をしながら、社長の説明を皆様にお伝えしました。

社長は社長で、日本に来た外国人スターみたいに
自分がしゃべり終えて、僕が通訳している間、
「どうだ?伝わったか?」的な顔で僕を見てきます。

そして、僕の通訳が終わるとまたしゃべりだし、
また僕の方を見て「早く訳せ」サインを出してきます。
あんたは何者なんだと、僕も思うのですが、これでしょうがないんです。

一通り工場を案内して、当社の「考えること」、これからの皆様に望むことを
話し終えると、皆様は大変満足をされたような、すがすがしい笑顔で
我々に大きく「ありがとうございました!!」とお礼を言ってくれました。

DSC00018

社長は大変満足げに満面の笑みを浮かべ

「あいつら、たいしたもんやにゃぁ」

と、そーとーご機嫌でした。

是非ともこのブログを見ているあなた様も、
うちの社長のハイテンションショーを見にお越しになってください。