野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

お盆休み

senmu.jpgみなさんご無沙汰しております。
伸卓です。
更新遅くなりました。腰は治りました。

さて、お盆休みも終わり昨日からまた仕事が始まりました。
今年のお盆休みは、嫁様と実家である(嫁様の)東京に行きましょうという約束をしておりましたが、
非常にありがたい事にお盆休み直前に、お客様よりお仕事をたくさん頂くことがあり
仕事をお休みできない状況になってしまい、東京行きは無期限の延期となりました。

結果、嫁様お一人が東京に行くことになり、残った私はせっせと頂いたお仕事を
こなすお盆になりました。

仕事というものは、なくなると情緒不安定になるほど凹みます。
しかし、キャパオーバー並に仕事が増えると何故か人は怒ります。

私の弟、三男のヨースケという男が、野地木材の構造材加工部門を担当しておりまして
その彼は、お盆休み中から今日のこの今の瞬間も、ずーと加工し続けていて、そして怒り狂っています。
100%機械と加工に集中している彼は、鬼気迫る顔をして加工しており、私が話しかけても

「オレに近寄るな」

と小声で言う以外のリアクションはありません。

ちょっと怖いので、私は彼の目の届かない所からそーっと彼の鬼気迫る加工を
見ていたら、何か独り言を言っているようなのです。気になったので聞き耳を立ててみると

「ボソボソ・・・」

ん?聞き取れん。何言っとるんだ?

「注文ボソボソ・・・」

ん?後半がよく聞こえない。もうちょい。

「注文なめんな」「注文オレをなめんな」

聞こえた。

彼は闘っていたのです。

こんな程度の注文ではオレを負かすことはできない。

こんな程度じゃ、オレの加工は止めることができない。

オレは戦士だ。オレは鬼戦士だ。近寄る注文は、かたっぱしから叩き斬る!(加工する)

すげー。すげーよ。我が弟。

お前は絶対に負けない。金メダルはお前のものさ。

お前は強い!!常勝戦士ヨースケだ!!!

感動した私は、その日の仕事終了後に、弟に近づき

「いやーお前すごかったわー。暑いやろー!ビール飲みに行こらい!!」
と、彼を賞賛してご褒美にビールをご馳走しようと誘いました。

すると、熱気冷めあがらぬ彼は

「うっさい。お前うっとーしいからシネ!」

あ、まだ怒りは継続中でしたのね。

ふーん・・・(涙)