野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

広島。

senmu.jpgこんにちは。早く梅雨が明けて欲しいもんですね。伸卓です。

ブログを見てくれているいろんな人に「専務は奥様に怒られないの?」とか
「あの鬼嫁日記はおもしろい」とか言って頂いてます。

ただ、ブログ中で「鬼嫁」とは一言も言っていないので、奥様にそれが伝わってしまうと
ボコられるので、私の幸せな私生活の一面を皆様にお伝えしているという
ニュアンスで見といて頂けたら幸いだなと思います。そういうことにさせてください。

さて、本日の本題「広島。」です。

この13日~15日にかけて広島に行ってきました。私は「日本木材青壮年団体」という
団体に所属しております。その団体の全国大会がこの度広島で開催されたので
それに参加しました。

全国の材木屋さんが一同に集結する、凄まじいイベントでして、毎年一回この時期に
いろんな都市で開催されています。

全国のいろんな材木屋さんと情報交換したり、啓発しあったりするんですが、
なかなかやはり、みんな状況は良くないという話が多かったです。

石油高騰によるコスト高や、需要の落ち込みで私どもの業界はここ30年で
一番厳しい状況であると皆嘆いておりました。

その中でも、極々一部ではありますが、忙しくてしょうがないという業者さんもおり、
うーん、何かやり方一つでなんとかなる事もあるのだなと関心した次第です。

野地木材工業としても、この2年間がかなりの勝負時だと感じ、またこの業界がこの2年間で
どういう方向に進んで行くのか、まったくもって読めない部分もありなので
「すり抜けろ!隙を見つけて大変化作戦!」と銘打って、我が社は改革に
取り組んでいっています。

需要減の問題や、瑕疵保証の問題や、石油高騰など難題はたくさんありますが
厳しい状況になればなるほど、競争相手は減ると思って、
「これはラッキーだ。追い風ビュービューだ!!」と前向きに
おもろい事をやっていくつもりです。

こんな厳しい今だからこそ、おいしい部分は必ずあるはずです。

それはもしかしたら、「あれ」かもしれないし「これ」かもしれない。

いやいや「それ」かな?

お客様の「かゆい所」を見つけて、かきまくってやりたいなと思います。

あなたのかゆい所はどこですか?

僕は背中です。

頭ではないよ。

そこは、かきむしり間違えないようにしないとー☆