野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

折戸邸完成!

3ba3d55c.jpgこんにちは。相変わらず、伸卓です。

「建築士 結工房」と 「木材士 野地木材工業」がコラボレーションして建てられた
折戸邸がいよいよ完成しました。

今日と明日で完成見学を催します。

折戸邸のコンセプトは「バランス」ということで、施主様と私たちで考えに考え、議論に議論、作業に作業と、これまたおもろい仕事をさせて頂きました。
“木材エゴ”すぎず、”建築エゴ”すぎず、”施主様の好み”すぎず。
すべてのバランスを上手にとるのは大変難しかったのですが、とにかく皆で「徹底的に客観視」という視点から作業を進めていきました。

日々、建築材料を作ることが目的で生産しておるわけですが、
住宅の企画から、施工まで携わってみて初めて感じました。

「木材は家の一部でしかない」「一部でも欠けると、良い家は成り立たない」と。

私たちは、家を作っているんですね。さらに言えば、住む人の生活を作ることに
繋がっていたのです。
「葉っぱばかり見ていると、山が見えなくなる」とバガボンドの武蔵は言っておりましたが
まさに、今までそういう状態で仕事をしていたのかもしれないなーと、気づくことができました。

折戸様には、私たちが作った家で是非とも幸せになってほしい。と、本気で思っています。
考えてみると、「住む方の幸せへのお手伝い」が、私たちの報酬として頂いていたのです。
今回はたまたま、施主様から報酬を頂いてこの事に気づいたわけですが、今までも
大工さん、工務店さま、材木屋さん、木材を納めた先は違えど、実は「家を建てた方」から報酬が回ってきていたんです。私たちの仕事の先には「住む人の幸せ」が常にあったんですね。「幸せにして欲しい」って野地木材にたどり着いてくださっていたのですね。

これはこれからの仕事への視点が、パラダイムシフトしたと言うんでしょうか、
すごく仕事が「ありがたく、おもろい」事に思えてなりません。
私まで幸せな気分になってきました。

いやー、これやからおもろいんさー。毎日。

また明日も、おもろくなりそうな感じ。する。 ぜ。