野地木材工業株式会社

野地木材工業株式会社

スタッフブログ

アップデートのお知らせ

130920-update00.jpg

皆さんこんにちは。
ブログの更新に気づいてくれた方、本当にありがとうございます。
一向に更新をしなかった私のブログを、懲りずにのぞいてくれた事に感謝の気持ちでいっぱいです。
さて、久しぶりのブログですが、テーマは「アップデート」です。
昨今、電子機器といえば、ほとんどの製品が日々、ソフトウエアがアップデートされ、無料でダウンロードできます。パソコンやスマートフォンはもちろんのことですが、テレビや録画機器、プリンターなどなど、インターネットに繋がるものは、ほとんどが無料でアップデートプログラムが更新されて行きます。
もはや無料のアップデートは当然のサービスとなってしまいました。
逆に言えば、アップデートしないことが「悪」という雰囲気が出来上がってしまってる気すらします。
使ってるiPhoneのアプリなんかでも、ちょっとした使い勝手の悪さを見つけると、アップデートしないことにイライラしたり、アプリストアーのサイトを覗いては、自分と同じようなイライラしている仲間をコメント欄から探したりして、嫌な気分を同調させては気を紛らわせようとするという、なんの意味もない行動をしちゃったりします。
したがって、今の世はアップデートし続ける事が、お客さんにファンで居続けてもらうための条件のひとつになっていると言っても、過言ではないのではないでしょうか。
私たちも日々「アップデート」を目指しております。
製造現場しかり、営業窓口しかり。私たちはそれを改善活動と呼んでますが、その結果がまさにアップデートということになります。
ではここ最近、野地木材の何がアップデートされたのでしょうか。
例えば、うちの看板商品「フローリング」。
1年ほど前から、木材乾燥について製造工程を変更しました。
これまでは、含水率15%以下という社内基準を設けておりましたが、その規格だけではたまに製品に問題が発生しておりました。
含水率15%以下であれば、まずフローリングの巾が著しく縮むということはかなり軽減されるのですが、逆にフローリングの巾が延びるという現象が起きることがありました。
フローリングが延びると、カップになるという事態が起きてしまいます。
これを回避する為に、いろいろと研究、実験して「木材乾燥を含水率15%以下かつ、木材乾燥機出庫後、最低7日以上桟干しした状態で室内養生をした木材であること」ということに社内基準を変更しました。これは、含水率という数値には現れないものです。
含水率が同じ15%以下であっても、養生を7日以上した商品とそうでない商品では、ぜんっぜん寸法安定精度が違います。これは数値では表現できない領域なのです。
もちろんそれだけでなく、木材乾燥のプログラムを変更したり、木裏に施すソリ止め加工を変更するなど、他にも改善活動は行いました。
その結果、去年に比べてフローリングの伸び縮みの性能については、社内での定期的な製品抜き取りテストにおいての数値ですが、劇的に改善されました。
その後のフローリングの寸法安定性の実験でもかなりいい数字がでてます。
というように、私たちも日々アップデートしていることは、いろいろとあるわけです。
しかし、コンピューターやスマートフォンとの違いは、アップデートしたという情報をその都度公開していないという事です。
せっかく苦労してアップデートした事を、なぜに伝えていなかったのでしょうか。僕ら。
照れ屋だからか。
アップデートしたけど、問題が完全になくなるという自信がないからか。
アップデートを知らせる手段がわからないからか。
自己満足で終わっていたのか。
いずれにせよ、アップデートのお知らせをしないことは、自社にとってもお客様にとっても、いい事は何もないのではないでしょうか。
ということで、
今後も日々改善活動を行い、品質やサービスを向上できるよう全力を尽くします。
と同時に、そういった情報も積極的にお知らせすることにも力を入れていきます。
皆様、今後ともどうぞよろしくお願いします。
ホントに。
ブログも書くよ!!
また来週〜♪
130920-update00nojinoji.jpg